弔問のお供え物の渡し方やのしは?品物はお菓子?後日の自宅弔問はマナー違反?

弔問で故人にお供え物を持っていく場合、
基本的に消えるもの・なくなるものを
持っていくのがマナーになります。

形の残るものだと遺族の方が処分に困ってしまい、
捨てるに捨てられなくなってしまうからです。

無難なのはやはり菓子折りや果物、線香のほか、
故人が生前に好きだったものを持っていくのが良いでしょう。

肉や魚など殺生が関わるものや、
棘があったり派手な色の花は
弔問にはふさわしくないので避けなければいけません。

香典に関してはだいたい5000円が相場となっていますが、
お供えに関しては特に相場というのがありません。

葬儀(告別式)からしばらく日にちが経過をしていて、
香典を持っていくにはかなり遅くなっていて、
遺族から香典の受け取りを拒否されそうであれば、
お供え物にお金をかけても良いでしょう。

それに対して香典と一緒にお供え物を持っていくのであれば、
2000円、3000円程度でそろえられるものを
用意すれば良いでしょう。

弔問のお供え物とは?

お供え物とは様々な宗教儀礼に共通してみられる
故人の供儀のために捧げられるモノです。

仏教の場合だとお供えものには五供(ごくう)といって、
「香、明かり、花、水、食べ物」という
5つの基本があります

  • 香:心身を清め仏様の慈悲を表す線香の香り
  • 明かり:安らぎの心を意味するロウソクや提灯
  • 花:美しい心で仏様に向き合うためのもの
  • 水:心を清らかにするためのもの
  • 食べ物:仏飯あるいは香飯(普段食べている主食、殺生戒に反しないもの)

弔問のお供え物の渡し方

弔問に伺った際、
どんなタイミングでお供え物を渡すと良いのかというと、
大きく分けると3つのパターンが考えられます。

まず一つは、線香は上げずに
挨拶だけで帰らなければいけないような場合には、
玄関でお供え物を渡しても良いです。

遺族に家の中まで入るように促された場合には、
家の中で遺族(できれば喪主)にお悔やみの言葉を伝えた後、
お供え物を渡します。

遺族から故人に線香を上げることを許可された場合は、
仏壇もしくは棺の前でお供え物で渡すように、
お願いされることもあるでしょう。

弔問のお供え物の品物の選び方や表書き・のし

弔問でお供え物を持っていくにあたって、

  • 弔問のお供え物の選び方
  • 弔問のお供え物で現金を渡すのはだめ?
  • 弔問のお供え物の表書きは御仏前?ご霊前?
  • 弔問のお供え物につけるのし

といった点を見ていきましょう。

弔問のお供え物の選び方

弔問のお供え物はすでに説明をした五供にもある通り、
後に残らないものを選ぶのがマナーとなっています。

消耗品を選ぶのが基本で、一般的には、

  • 食べ物(お菓子・果物)
  • お花
  • 線香
  • 故人が好きだったもの

といったものを選ぶ人が多いです。

ただ、

  • 殺生が関わる肉や魚など
  • 派手で色の濃い花

は、あまり弔問にはふさわしくはないので避けたほうが良いです。

弔問のお供え物で現金を渡すのはだめ?

弔問時のお供えでモノではなく現金を持っていくのも、
別にマナー違反というわけではありません。

たとえば、葬儀の後にたびたび行われる法要では、
最近は品物を持参するのではなく、御供物料(おくもつりょう)として
現金を包むのが一般的になっています。

葬儀からだいぶ日にちが経過をしていた場合には、
御供物料として香典代わりに現金を持参しても良いです。

弔問のお供え物の表書きは御仏前?ご霊前?

お供え物の表書きは49日の前と後で変わります。

仏教では49日を過ぎると三途の川を渡って成仏し、
霊から仏になるという教えがあります。

  • 49日前はご霊前
  • 49日後は御仏前

といった感じで使い分けることになります。

ただ、仏教の中でも浄土真宗の場合には、
「往生即成仏」といった亡くなるとすぐに仏になるとされるので、
最初から表書きは「御仏前」となります。

ちなみに、香典と一緒にお供え物を持っていく場合には、
香典の表書きとお供え物の表書きを
一緒にしないように気を付けましょう。

香典の方に「ご霊前」「ご仏前」といった表書きを使ったら、
お供え物には「御供」といった表書きをします。

香典の方を「ご香典」と表書きした場合には、
お供え物の表書きに「ご霊前」「ご仏前」が使えます。

弔問のお供え物につけるのし

黒白の「結び切り」という水引ののしを使います。

結び切りとは一度結ぶとほどけない結び方で、
一度きりで繰り返したくない出来事、
二度あってはならないことにことに対する
贈答品に使われるもので、結婚式のご祝儀袋にも使われます。

のしにも厳密には、

  • 内のし
  • 外のし

というのがあり、式典に出席せず、お供えのみ送る場合は
内のしで包装紙の中、箱に直接のし紙をかける包み方、

式典に出席しお供えを直接手渡しする場合は
外のしで包装紙の外側にのし紙をかける包み方
という考え方があります。

ただ、のし紙のかけ方に
厳密なマナーがあるわけではないので、
どちらののしでも構いません。

弔問を後日するのはマナー違反?

弔問に行くということは、訃報を聞いて駆け付けたとか、
通夜や葬儀、告別式には参加できなかったので、
後日に自宅に伺うかのどちらかでしょう。

葬儀が一通り済んだ後、後日に弔問に伺うのは、
遺族や個人に対して失礼だったりマナー違反なのかというと、
決してそんなことはありません。

葬儀に参列できなかった理由はいろいろあるものですから、
生前に、よほど関係が悪化していなかったのであれば、
「何で葬儀に来なかったのに今さら来るなんて!」
と思われることはないでしょう。

それに、故人が亡くなった事に対して
どうしても気持ちの整理がつかなかった、
ということも十分に考えられます。

葬儀からしばらく経った後日の弔問であっても、
弔問に行こうという意思があるのであれば、
弔問に行くのが良いんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました