東条なつめ(就活アイドル)の経歴・出身高校は?内定はどこ?facebook,instgaramアカウントは?

就活では「学歴フィルター」という大企業が認めない暗黙の選考基準があり、
旧七帝や早慶など一定以上のランクの大学じゃなければ説明会の予約すら取れない、
といった事態となっています。

学歴だけでその人の能力を図ることは絶対にできないものの、
企業の採用担当者としては過去の実績上、高学歴の人ほど優秀な人の割合が多いし、
裏を返せば仕事ができない人の割合が少ないので安全牌だったりします。

東京大学なんていうのは、学歴フィルターで言えばむしろ、
企業としては喉から手が出るほど欲しい人材のはずなんですが、
就活アイドルこと東条なつめさんは上手くいかなかったようですね。

東条なつめ(就活アイドル)の経歴・出身高校は?

  • 年齢:24歳
  • 出身地:愛知県
  • ニックネーム:はなっつ

2019年現在、東京大学の修士過程2年で
卒業をすれば工学修士とか、理学修士、農学修士といった学位を名乗れます。

名乗れるだけで、修士だけではほとんど何の役にも立たないので、
研究者としての自他ともに認められるには
博士課程に進んで博士の学位をもらわなければいけません。

ただ修士過程までは、指導教官の言うとおりに研究をしていれば、
ほぼ学位が取れてしまうのに対して博士となると自分自身の研究力が問われるので、
現状では修士過程までで学生生活を終える理系学生が多いですね。

東条なつめさんはミスiD2020にも応募したようですが、
ファイナリストやセミファイナリスト、中間発表などにも名前が見つかりませんでした。

東条なつめに似た人物もいなかったので、
ミスiD2020には応募しなかったのではと思われます。

東条なつめ(就活アイドル)のキチョハナカンシャとは?

本気で内定を目指して活動するアイドルとして結成した蛾の、
「キチョハナカンシャ」で、東条なつめさんはリーダーを務めていました。

「務めていました」と過去形なのは、
キチョハナカンシャでは内定が決まるとグループ卒業というシステムとなっていて、
東条なつめさんはすでに内定を獲得しているからです。

2015年から活動を始めたアイドルグループで、
衣装は就活する女子大生らしくリクルートスーツ。

毎週日曜の夜9時から放送のジオNIKKEI番組「シューカツHANGOUT!」にも出演していて、
グループ名の由来は「貴重なお話ありがとうございました!」という、
就活生なら企業説明会やインターンなどの機会で使うことが多い後に決まり文句の略。

キチョハナカンシャでは没個性化、マニュアル化する新卒一括採用に対するアンチテーゼ(反論)を示し、
就活で葛藤しながらも必死に活動するメンバーの意気込みを意味しているらしいです。

東大生らしく難しいですね。。。。

キチョハナカンシャのyoutube動画も見つけたので掲載しておきます。

“就活アイドル”キチョハナカンシャ『すすめっ!就活ガール』Music Video

東条なつめ(就活アイドル)の内定先の放送局はどこ?

東条なつめさんはキチョハナカンシャの前には、
「リリカル・シンフォニア」という清純派アイドルグループに所属していたようです

検索をするとリリカル・シンフォニアでのプロフィール画像が今でも確認できます。

https://talent.thetv.jp/person/2000024636/

就職活動をはじめたのが修士1年生の6月頃とかなり早めなので、
多くの企業で就職面接を受ける機会はあったんじゃないでしょか。

その影響で、短期インターン面接・本選考含めなんと60社も落ちるものの、
2019年4月には志望していた放送局に無事に内定。

学歴は何のアドバンテージにもならない、
特に年収ランキングの上位に入っているような企業は多くの東大生が受けている為、
学歴だけで勝負をしても勝てない、

といった就活性に送るメッセージを残しています。

タイトルとURLをコピーしました