法事の線香の本数(浄土真宗,真言宗,曹洞宗)は?通夜や49日までは2本?3本?折る?

弔問や法事、お墓詣りなど線香をあげる際、
線香の本数は何本なのかというと、
臨済宗や曹洞宗、日蓮宗、浄土宗など
多くの仏教宗派では1本が基本です。

浄土真宗も線香の本数が1本ではあるものの、
火をつけた線香を線香立て(香炉)には立てずに、
香炉の中に寝かせます。

香炉よりも線香の方が明らかに長い場合には、
香炉のサイズに折ってから火が左になるように横に寝かせます。

何回折れば良いのかというと、回数に特に決まりはないものの、
「三帰依」というという仏教の考え方に沿って2回折る(3分割する)
と良いでしょう。

また、浄土真宗だったとしても、
地域ごとのローカルルールがあったりするので、
不安があれば事前に聞いておくと良いですよ。

浄土真宗の線香の本数は一本

お盆の墓参りや仏壇にそなえたりなど、
仏教では線香が必需品の一つとなっていますが、
浄土真宗をはじめ多くの仏教宗派では、
線香の本数が基本的に1本とされているようです。

ただ絶対に線香は1本じゃなきゃいけない、
という厳格なルールが定められているわけではありません。

目安として1本とされているだけなので、
2本や3本使っても良いです。

ただ線香を束にして火をつけてしまうと、
さすがに線香の煙が酷いことになってしまうので、
線香の香りがかすかに漂う程度の1本にしておくのが良いでしょう。

浄土宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗も1本

浄土真宗以外にも、

  • 浄土宗
  • 臨済宗
  • 曹洞宗
  • 日蓮宗

といった宗派でも線香立て(香炉)にそえる線香の本数が1本となっています。

臨済宗では、
「他の物事に目を向けず、一心に故人の冥福を祈る」
といった意味を込めて線香の数は1本とされていてます。

曹洞宗では一体三宝(仏法僧という三宝は、ひとつである)
という意味合いがあります。

※仏(悟りを開いた人)
 法(仏の教え)
 僧(仏の教えに従い悟りを目指す人々)

 仏教徒は三宝に帰依することが重要だとされています。

ただ、後で説明をするとおり、
線香立て(香炉)に線香を立てる?寝かす?倒す?
といったちょっとした違いがあります。

天台宗・真言宗は3本

仏教の中でも天台宗・真言宗だと線香の本数は3本となります。

曹洞宗では「仏法僧」を
一体三宝とみなして線香1本としているのに対し、
天台宗・真言宗では線香の本数を三本にして、
それぞれが三宝を示しています。

浄土真宗の線香は立てる?寝かす?倒す?

ドラマで仏壇に線香を立てるシーンを見かけることがありますが、
線香を立てていることもあれば、
線香を寝かせているケースもあります。

線香は立てる?寝かす(倒す?)のかというと、
本数と同じく宗派によって異なっています。

天台宗・真言宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗では
線香立てに線香を立てます。

浄土宗・浄土真宗では寝線香とも呼ばれ、
一本を香炉の大きさに合わせて折り、
火が左になるように横に寝かせます。

ちなみに、線香立てと香炉には厳密には異なるようですが、
ほとんど同じものだと思って良いようです。

もともと線香が発明される以前は常香盤といって、
抹香を渦巻状にして、端から火を点ける香炉盤が使われていて、
それが浄土宗・浄土真宗では寝線香の起源となっているようです。

常香盤の中の灰で棒状の溝を作り、
その中に燃香を入れ端から火をつけていたことが、
線香の原型となっているようです。

線香の火のつけ方 息で火を消さないこと

線香に火をつける際、基本的には
ろうそくの火を使って火をともしますが、
風が強かったり雨が降ったりしている中でお墓参りをすると、
ろうそくになかなか火がつかなかったり、
ろうそくの火がすぐに消えてしまうことがあります。

そんな時には無理をせずにライターやマッチで
線香にそのまま火をつけても良いでしょう。

ただ、線香についた火を息を吹きかけて消すのはNGです。

人間の吐く息は不浄とされているので、
線香の火は手で仰いで消すようにしましょう。

仏教で線香(お香)が使われる由来

お墓参りや法要・法事などでなぜ線香が使われているのかというと、
仏教で昔から使われてきたお香が由来となっています。

お香はもともとは死体の臭いを消すためだったり、
医療目的で使用されていた古代インド発祥の道具で、
日本では江戸時代に現在の線香の形状として整ったと言われています。

江戸時代以前はお葬式などで焼香の際に使われる粉末状の
「抹香」(まっこう)が線香のように使われていたわけです。

抹香よりも取り扱いが便利なお線香が
禅宗や浄土宗を中心に広まって現代に至ります。

浄土真宗とは

浄土真宗の御本尊は「阿弥陀如来」「阿弥陀仏」で
お浄土が西方極楽浄土とされています。

浄土真宗の信者を門徒と呼ばれ、
文化庁の平成26年12月31日の「宗教統計調査結果」によると、
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の門徒は792万人と発表されていて、
2位の浄土宗602万人に100万人以上の差をつけて1位の宗派です。

明治の廃仏毀釈で多くの仏教宗派の勢力が小さくなっていったのに対して、
庶民を中心に広がっていたため、その影響を逃れ、
結果的に勢力を拡大できたといったところでしょう。

本願寺派、大谷派、高田派など十派に分かれていてますが、
中でも一番規模が大きいのが先ほどの浄土真宗本願寺派です。

浄土真宗では浄土宗と同じく、

  • 無量寿経
  • 観無量寿経
  • 阿弥陀経

の浄土三部経を根本経典としていますが、
阿弥陀仏の力で万人が救済されるという絶対他力の教えが
浄土真宗の特徴の一つです。

信心があれば、往生するとすぐに成仏できるという考え方から、
喪中の概念がありません(亡くなったらすぐ仏になる)。

浄土真宗の僧侶は肉食妻帯も許されているなど、
仏教の中でも浄土真宗は趣が異なる点がいくつかありますが、
他にも特徴的な点を上げていきます。

  • 浄土真宗での仏壇の意味
  • 浄土真宗では位牌を使わない
  • 浄土真宗でのお供えの考え方

浄土真宗での仏壇の意味

浄土真宗における仏壇とは亡くなった方を安置する場所ではなく、
「極楽浄土」を表わしています。

正面には阿弥陀さまを必ず安置し、
そのまわりには綺麗なお飾りを配置します。

阿弥陀さまのお導きで自分の家族やご先祖が
仏とならせて頂いたことへ日々感謝申し上げる、
という意味を含んでいるようです。

浄土真宗では位牌を使わない

仏壇には位牌が置かれるのが一般的ですが、
そもそも位牌とは本来仏教の風習ではなくて
浄土真宗も位牌が使われていないことが多いです。

中国の儒教の習俗が仏教の風習が混同して
日本に伝えられたと言われています。

浄土真宗では死ぬとすぐに仏になるとされているので、
「位牌の魂入れ」も行われません。

浄土真宗の本山では位牌の代わりに
法名軸や過去帳がすすめられています。

浄土真宗での仏壇のお供えの考え方

亡くなった方を安置する場所ではないので、
仏壇で故人のノドが渇いてお茶や水を飲むこともない、
という考え方になります。

仏壇にコップのお水や、湯飲みに入れたお茶を置く
といった目的でお給仕をするのではなくて、
八功徳水(極楽に流れる清らかな水)として、
花瓶にお樒(しきみ)※を挿して飾ります。

※樒とは、葉や枝から独特の香りを放ち、
 白い花を咲かせる常緑樹のことです

コメント

タイトルとURLをコピーしました