【ラウンドアップ】滋賀県彦根市が公園にラウンドアップ決定【家庭菜園禁止の農薬散布】

ラウンドアップとはアメリカのモンサント車が開発した除草剤(農薬の一種)で、
通常タイプだと濃度にも寄りますが散布してから数日で枯れ始めます。

現在、

  • ラウンドアップマックスロード
  • ラウンドアップマックスロードAL
  • ラウンドアップマックスロードAL2(速効タイプ)

といった種類があり、ラウンドアップマックスロードAL/AL2は
あらかじめ薄めてあるためそのまま使えるタイプとなっています。

滋賀県彦根市が公園にラウンドアップ決定するも中止

滋賀県彦根市では公園の雑草対策にラウンドアップを使用することを決定し、
2019年7月29日より散布を開始すると発表されました。

ただ、ラウンドアップに関してはかねてから危険性を指摘する声が多く、
根拠としては家庭菜園にラウンドアップを散布したところ
12歳の子どもが発ガンしたなどの症例があること。

ラウンドアップ側も様々な証拠を持ち出して反論をしているものの、
現状ではフランス、ドイツ、イタリアは3年以内の禁止するなど、
ラウンドアップに関しては否定的な立場をとっている国が多いです。

さらにラウンドアップでは利権も絡んでいる?という黒いうわさもアリ、
一歩間違えると、一筋縄ではいかない問題になりかねません。

滋賀県彦根市が公園にラウンドアップに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました