市民プールの水着選び方!子連れ女性(30代、40代)は体型カバー?ワンピース?

市民プールの中には稲毛海浜公園プールのように、
ウォータースライダーなどが充実していてレジャー要素が強い市民プールもありますが、
一般的な市民プールは流れるプールがメインで、
その他は簡単な滑り台や幼児プールがある程度。

若者と言っても中学生や小学生が多く、
市民プールは子連れのファミリーが利用していることが多いので、
レジャープールとは雰囲気がちょっと異なるんですよね。

市民プールはジムのプールをちょっとレジャーっぽくしたような感じなので、
あまり派手な水着を選んでしまうと、周囲から浮いてしまうかもしれません。

ギンガムチェック柄、ドット柄、エキゾチックなネイティブ柄など、
ビーチリゾートで過ごすような水着を着ている人はほとんどいないですし、
かといってフイットネス水着のように、
しっかり泳ぐための水着を着ている人はほとんどいません。

カバーアップ付きビキニや、タンキニタイプの水着を着ている人が多く、
子連れのママさんの場合、子供の水遊びに付き添いやすい水着・服装を選んでいる人が目立ちます。

ただもちろん、色やデザインによっては、
身体の気になる部分がどんな風に見られているのか?すごく気になってしまいますよね。

  • 小さめバストをカバーしたい!
  • たるんだ下腹をカバーしたい!!
  • お尻や太ももをカバーしたい!!!

といったニーズもあると思いますので、
体型別に市民プールでも浮かない水着の選び方についても紹介しています。

また、子連れの女性なら絶対に気を付けておきたい
プールでの紫外線対策についても合わせてまとめています。

  1. 市民プールは帽子着用やラッシュガード禁止などの規約に注意
  2. 市民プールで子連れ女性の水着はタンキニ?
    1. レジャープールに行かないならフイットネス水着も
    2. ラッシュガード+短パンのセットもオススメ
  3. 市民プールだけじゃなくて海・レジャープールにも行く場合
    1. 洋服のようなタンキニセットもおすすめ
    2. ビキニのセットアップ方法
  4. 体型別!市民プールの子連れ女性水着の選び方
    1. 小さめバストをカバーしたい場合
    2. たるんだ下腹をカバーしたい場合
    3. お尻や太ももをカバーしたい場合
  5. 市民プールで子連れ女性が堂々と水着を着るために
    1. シェイプアップして体型の悩みを改善してみませんか?
    2. 気になるムダ毛をきれいにしてみませんか?
  6. 30代・40代の子連れママは日焼け対策も肝心!
    1. 日焼け止めはこまめに塗り直す
    2. ラッシュガード+トレンカで露出を減らす
    3. 帽子+サングラスで目の紫外線対策もする
    4. プール後は早目にシャワーをして髪の毛・肌の塩素除去
  7. 子連れの30代・40代女性におすすめの日焼け止め
    1. 保湿効果もある日常使いに向きのFor fam(フォーファム)アウトドアUVミルク
    2. 子供にも安心して使えるアロベビー UV&アウトドアミスト
    3. アンチエイジングも同時にできるB.Aプロテクター(ポーラ)
    4. 飲む日焼け止めで日焼け止めクリームの効果を補おう

市民プールは帽子着用やラッシュガード禁止などの規約に注意

市民プールの水着選びを考える前に、
まずは遊ぶ予定の市民プールの規約をよく読んでおきましょう。

サマーランドやとしまえんなどのレジャープールとは違って、
市民プールの規約は少し厳しい傾向にあります。

  • プールに入る場合には水泳帽(スイミングキャップ)を着用すること
  • 付き添いの親もプールに入ること(逆に幼児プール親は入れないこともある)
  • ラッシュガードやTシャツを着てプールに入るのは禁止
  • 日焼け止め・眼鏡などをしてプールに入るのは禁止

などなどのルールを定めている市民プールも多いので、
せっかくいったのにプールに入れなかった、、、なんてことが起きないように気を付けましょう。

市民プールで子連れ女性の水着はタンキニ?

市民プールで子連れの女性はどんな水着を着ているのかというと、

  • タンキニ
  • セットアップ

といった水着を選んでいる人が多です。

柄に関しても、どちらかというとおとなしい落ち着いたデザインが多いものの、
中にはハイビスカス柄など派手めの水着を着ている人もちらほらいます。

逆に露出の多いビキニを着ている人はほとんどいなくて、
子連れの女性はあくまでも子供の付き添いに来ました、
という感じの水着を選んでいる人が多いです。

だからと言って、親は水着を着ないでTシャツ・短パンみたいな服装だと、
子供がプールで遊べない可能性があります。

市民プールによっては子供がプールに入る際は、
親が必ず付き添合わなければいけないルールになっていることもあります。

それに子供がプールサイドに思い切り水をかけてくることもあるので、
親も濡れても良い恰好、つまり水着を着ていくのが無難です。

レジャープールに行かないならフイットネス水着も

市民プールで子連れ女性の水着は、
レジャープールにも着て行けるようなデザイン・柄を選んでいる人が多いです。

逆にレジャープールに絶対行かないというのであれば、
小数派ではありますがフイットネス水着でも良いです。

ジムに通うような水着を着ている子連れの女性がいても、
市民プールではあまり違和感はありません。

市民プールで大きな違和感を感じるのは、

  • パレオなどビーチリゾートで過ごすようなコーディネート
  • 露出が多くデザインが派手なビキニ

といった感じです。

派手なデザインを避けて肌の露出を抑え気味にすれば、
市民プールではどんな水着でも周囲から浮くことはないでしょう。

ラッシュガード+短パンのセットもオススメ

水に濡れることを前提に考えると、
水着じゃなくてもラッシュガードと短パンのセットもオススメです。

※市民プールの規約でラッシュガードOKかどうかを確認しておくことが必須です。

ただ、短パンはホットパンツくらい短いものが良くて、
膝上くらいまでの長さの短パンになってしまうと、
プールから上がった際に太ももにぴたっと張り付いてしまい、
太ももの太さが露わになってしまいがちです。

適当な短パンが見当たらない場合には、
タンキニのような水着を用意したほうが無難でしょう。

市民プールだけじゃなくて海・レジャープールにも行く場合

市民プールだけじゃなくて、子供が大きくなったら
子連れで海やレジャープールにも行きたい!と思っているなら、
洋服のようなデザインのタンキニセットもおすすめです。

洋服のようなタンキニセットもおすすめ

タンキニ水着は気になる体型をカバーしてくれるので、
人目が気に言なる子連れの女性にはすごく重宝する水着ですよね。

タンキニにはなんと「水陸両用タイプのセットアップ」タイプもあって、
フロントジッパーなので脱ぐのも着るのも簡単だし、
子どもと一緒にウォータースライダーを楽しめるほど、
しっかりした作りのパンツになっています。

ビキニのセットアップ方法

逆にまだまだ自分の体型に自信があるのであれば、
ビキニのセットアップを選ぶのもオススメです。;

市民プールではセットアップで露出を抑えつつ、
ビーチリゾートではビキニ姿になれます。

健康的な肌見せができるハンサムなデザインであれば、
視線が飛び交うプールサイドでも人目は気になりません。

プールサイドではさらにチュニックやロングカーデを羽織ると、
市民プールでも節度を持った印象になりますね。

もしくはカバーアップ付きビキニもラインナップが充実しています。

水着素材でできたカバーアップならそのままプールに入れるので、
子供と一緒に遊ぶには便利です。;

体型別!市民プールの子連れ女性水着の選び方

市民プールの水着選びで一番気になるのがやっぱり体型じゃないでしょうか。

水着だと隠したい部分を隠すのが難しいものの、
下記のそれぞれについて、体型別に水着の選び方を紹介していきます。

  • 小さめバストをカバーしたい場合
  • たるんだ下腹をカバーしたい場合
  • お尻や太ももをカバーしたい場合

小さめバストをカバーしたい場合

胸にボリューム感を出してくれるデザインの水着を選ぶと良いですね。

具体的には、

  • バンドゥビキニ(ブラ部分がチューブトップ)
  • フリルになっているデザイン

といった水着であればふんわりとした胸元にしてくれます。

色は温暖色やパステルカラーを選ぶと、
ふんわりとしたボディラインのイメージになりますし、
大柄のデザインは小さな胸から視線をずらすインパクトがあります。

逆に

  • シンプルな三角ビキニ
  • 小花柄のデザイン

だと胸が強調されてしまうので絶対に避けたほうが良いです。

たるんだ下腹をカバーしたい場合

  • ペプラムビキニ
  • キャミソールタイプ
  • スカートタイプ

といったタイプの水着で、
デザインは大柄の水着、マルチカラーの水着にすると、
視線をずらすことができてたるんだ下腹をカバーできます。

逆に、

  • スタイリッシュなビキニ
  • シンプルなワンピース

といった水着を選んでしまうと、ぽっこりお腹を目立たせてしまうので、
大柄の柄物をデザインの水着を選ぶようにしましょう。

お尻や太ももをカバーしたい場合

  • フリル付きショーツタイプ水着
  • スカートタイプのビキニ
  • パレオタイプの水着

といった水着を選ぶと全体バランスを良く整えてくれるので、
気になるお尻や太ももをカバーしやすくなります。

大きなお尻や太ももをカバーしようと思って、
大きなショーツの水着を選んでしまう人もいますが、
大きなショーツが逆に目立ってしまい、
お尻に視線を集めてしまうので避けたほうが良いです。

ハイウエストになっているクラシカルなデザインの水着も、
同じようにヒップラインに視線を集めてしまいがちなので、
お尻や太ももが気になる場合は避けたほうが良いです。

フリルが付いていればお尻の大きさをごまかすことができるし、
スカートタイプの水着であればお尻のカタチをカバーすることもできます。

柄に関しては、ボーダー柄は、横に膨張して見えてしまうので、
絶対に避けたほうが良いと言えるでしょう。

市民プールで子連れ女性が堂々と水着を着るために

市民プールに子連れ女性がいくとなると、
子供のプール事故だったり、自分の着ていく水着だったり、
飲物・食べ物の要因など気になることがたくさんありますよね。

ただ、本音としては若いころのように堂々と水着を着たい!

そう思いませんか?

そこで水着選びの工夫をすることだけに頭を悩ませるんじゃなくて、
実際に気になる体型や体の悩みも改善してみてはいかがでしょうか?

シェイプアップして体型の悩みを改善してみませんか?

シェイプアップの大原則は
消費カロリーに対して摂取カロリーを増やすことです。

食事量を減らしてもなかなか痩せなかったり、
運動をしても体重が思うように減らないのは、
基礎代謝による消費カロリーが下がっていることが考えられます。

運動でカロリー消費することもできますが、
基礎代謝を活発に働かせることができれば、
寝ていても勝手にカロリーが消費されていきます。

基礎代謝とは体のあらゆる組織・器官の活動の総称ですが、
基礎代謝の中でも大きな割合を占めているのが筋肉です。

基礎代謝は年齢によって徐々に落ちていくものの、
実は筋肉量の減少が基礎代謝の低下に拍車をかけているんです。

下手に運動をするくらいなら筋トレをしたほうが良いモノの、
バカ正直に腕立てや腹筋をしたくらいでは、
筋肉はほとんど増えることはありません。

筋肉を増やすには

  • 運動による筋肉への刺激
  • 筋肉が必要とする栄養補給

の2つが重要で、特に「筋肉が必要とする栄養補給」が重要です。

ボディビルダーは「プロテイン」で栄養補給しているわけですが、
近年になってプロテインよりもずっと筋肉量増加に効果の高い
HMBサプリメントが評判になっています。

HMBとはプロテインが最終的に筋肉になる直前の成分なので、
プロテインを飲むよりもずっと効率よく筋肉量アップにつなげることができるんです。

市民プールで遊ぶとなると、水の中で全身運動をすることになり、かなりの運動量になります。

プールに入る前にHMBサプリメントを飲んでおけば、
子供と一緒に遊びつつシェイプアップ効果も高めることができますよ。

気になるムダ毛をきれいにしてみませんか?

ひざ下や脇などのような部位のムダ毛は、
市民プールに行く前にムダ毛処理しているんじゃないかと思います。

実際に市民プールに行ってみると、ひざ下や脇のムダ毛を
そのままにしている子連れの女性なんて全くと言ってよいほど見かけません。

ムダ毛処理と言えばカミソリで剃っている人がほとんどですが、
残念なことに埋没毛でひざ下や脇がブツブツしていたり、
肌が黒ずんでしまっている残念な女性も少なくありません。

もしくはショーツタイプの水着を選んでいるというのに、
ビキニラインがムダ毛が飛び出していて、
ハミ毛になっている女性も見かけることがあります。

子供が高校生くらいなるまでは親と一緒にプールに行くことが多いですし、
逆に子供が大きくなると夫婦でビーチリゾートに海外旅行へ行くこともあるでしょう。

日本人女性は世界的に見てムダ毛処理には無頓着の方で、
海外では無毛(ハイジニーナ)の女性も多いので、
海外ではムダ毛処理していないとかなり目立つことになります。

カミソリで剃る以外のムダ毛処理の方法としては、

  • 脱毛クリーム(除毛ワックス)を使う
  • 脱毛サロンで脱毛する

というのがオススメです。

脱毛クリームは、ムダ毛を抜けやすくする脱毛成分入りのクリームを肌に塗り、
10分くらい待ってからシャワーなどで洗い流すだけで、
簡単にムダ毛処理することができます。

脱毛クリームの中には、クリームを固まらせてから、
ガムテープで無理やり引きはがしていく荒っぽいやり方もありますが、
エピサラという脱毛クリームであれば、先ほど紹介したとおりシャワーで洗い流すだけ。

さらに肌の状態を整える美容成分も含まれているので、
脱毛ローションの使用後に肌荒れしてしまう心配がほとんどありません。

脱毛に関しては家庭用脱毛器を使う手もありますが、
機器自体が高額なうえに、脱毛後に使う専用クリームも高くて、
ランニングコストも高くつきます。

事前に肌を冷やして脱毛の痛みを和らげるとか、
ムダ毛処理しておくといった手間も必要になるので、
結果的に脱毛サロンで脱毛してもらったほうが、
費用も時間も手間も節約出来たりします。

脱毛サロンの選び方に関しては細かい注意点はあるものの、
とりあえずミュゼや脱毛ラボのような大手を選んでおけば、
下手な失敗をすることはありません。

最近は日本人でも徐々に脱毛する人が増えていて、
若い人ではおそらく近いうちに脱毛してない女性が少数派に回りそうな勢いです。

市民プールだけじゃなくてサウナや銭湯、温泉などで、
脱毛していない人が逆に目立つような時代が来つつあるので、
脱毛も前向きに検討しておいて損はないと思います。

脱毛サロン最大手の一つで脱毛料金も手ごろなキレイモで、
無料相談をしてみるor自分の家から近い店舗を探してみるにはこちら
↓↓↓

30代・40代の子連れママは日焼け対策も肝心!

30代・40代の子連れ女性にとっては、
市民プールでどんな水着を着ると良いのかが最も気になる所でしょうが、
日焼け対策も怠るわけにはいきません。

私たちの肌というのは20歳も過ぎれば年齢の影響が現れはじめ、
シミやしわ、たるみなど肌の老化が見られるようになるものの、
年齢以上に肌の老化を進めてしまうのが紫外線です。

年齢が若ければ紫外線を浴びても
ダメージを肌から100%取り除くことができるのかもしれませんが、
30代・40代になってくると紫外線の影響が徐々に肌に蓄積され、
肌の老化を早める原因となってしまいます。

紫外線というのは、弱くても長時間浴び続けてしまうと、
強い紫外線を浴びる以上に肌にダメージを与えてしまうので、
市民プールに出かける日は朝からずっと日焼け止め対策をしたほうが良いです。

具体的には、

  • 日焼け止めはこまめに塗り直す
  • ラッシュガード+トレンカで露出を減らす
  • 帽子+サングラスで目の紫外線対策もする

といった点に気を付けるようにしましょう。

日焼け止めはこまめに塗り直す

SPF50のように数値の高い日焼け止めクリームであっても、
日焼け止めは最低でも2時間に1回は塗り直すようにしましょう。

SPFの数値は高ければ高いほど持続時間が長くなるものの、
市民プールのように水を浴びるような状況の場合、
ウォータープルーフ機能があっても流れ落ちやすくなります。

SPFはあくまでも「日焼け止めクリームが肌に常時塗られている状態」での
日焼け止め効果の持続時間をあらわしているモノなので、
プールで濡れたり、浮き輪や服でこすれるような場合を考慮して小まめに塗り直さなければ
紫外線の影響を受けてしまいます。

ラッシュガード+トレンカで露出を減らす

長そでのラッシュガードを着るかもしくは、
半袖のラッシュガードにアームカバーをしたりして、
全身に浴びる紫外線量を減らすようにしましょう。

ラッシュガードは首まで隠れるハイネックであれば、
首のうっかり焼けを防ぐことができます。

市民プールでは少数派ではありますが、
足を隠せるトレンカも着用するのも紫外線対策に効果的です。

紫外線の影響は肌の奥まで入り込んでしまうものの、
肌に薄い布を一枚かぶせるだけでもダメージを大幅に緩和することができます。

帽子+サングラスで目の紫外線対策もする

つばの大きな麦わら帽子をかぶったり、
首元をすっぽり隠してくれるキャップなどをかぶって、
顔にあたる紫外線を防ぐようにしましょう。

意外と重要なのがサングラスをして目の紫外線対策もすることです。

肌と同じく目も紫外線によってダメージを受けてしまい、
ドライアイなどの眼病を招く危険性があります。

近年はさらに目に入る紫外線量が多くなればなるほど、
肌が日焼けしやすくなるという研究データが発表されています。

逆に言うと、目に入る紫外線量をできるだけ抑えることで、
肌も日焼けしにくくなるので、目の紫外線対策にも気を配るようにしましょう。

プール後は早目にシャワーをして髪の毛・肌の塩素除去

プールと言えば、殺菌消毒のために塩素が加えらえています。

  • 次亜塩素酸カルシウム
  • 次亜塩素酸ナトリウム液
  • 塩素化イソシアヌル酸

といった塩素剤が使われていますが、
これらはキッチンハイターなどの塩素系漂白剤にも使われている成分です。

肌への刺激が強いだけじゃなくて、
髪の毛にもダメージを与えてしまいます。

髪の毛を傷めるし髪の毛の色を薄くしてしまうので、
プール後は早目にシャワーをして髪の毛・肌の塩素除去しなければいけません。

塩素の影響は肌や髪の毛だけじゃなくて目にも及ぶものの、
近年はプール後の洗眼は疑問視されるようになっています。

目にシャワーで水を当てると角膜を傷つける危険性があるため、
プールでは水中メガネ(ゴーグル)を着用して遊ぶのが良いでしょう。

子連れの30代・40代女性におすすめの日焼け止め

  • 子供にも安心して使える
  • 保湿効果もある日常使いに向きの
  • アンチエイジングも同時にできる

保湿効果もある日常使いに向きのFor fam(フォーファム)アウトドアUVミルク

For fam(フォーファム)アウトドアUVミルクは、
ウォータープルーフタイプなので肌への密着力は高いものの、
石鹸で簡単に落とすことができるので肌への負担を軽くできます。

SPF30・PA+++

日常使いはもちろんのこと海やプールで思い切り遊ぶ際にも使えます。

虫が嫌がると言われている100%天然アロマオイルも配合しているので、
虫除けも同時にできてしまう優れものです。

子供にも安心して使えるアロベビー UV&アウトドアミスト

赤ちゃんの肌は大人に比べると新陳代謝のスピードが速いものの、
肌組織は抵抗力は大人に比べるとうんと弱い状態です。

赤ちゃんの日焼けは、皮がむけるだけではなくて、
湿疹や汗疹などに重症化しやすいので、
大人よりもしっかり日焼け止め対策をしたいところ。

ただSPFの数値が高かったりすると
赤ちゃんの肌を逆に傷めてしまう危険があるものの、
アロベビー UV&アウトドアミストなら
生後0ヶ月の新生児から使えるほど安全に設計されています。

刺激の強い紫外線吸収剤が不使用なだけじゃなく、
合成ポリマー、シリコン、鉱物油など添加物は一切含まれておらず、
100%オーガニックです。

ミストタイプなので肌に塗りこむ手間もかからないし
日焼け止めクリーム特有の嫌な香りもしないので、
匂いに敏感な赤ちゃんでも無理なく塗らせてくれます。

虫除け効果も備えているので、
小まめに虫除けを付け直す手間もかかりません。

アンチエイジングも同時にできるB.Aプロテクター(ポーラ)

肌の新陳代謝のスピードが遅くなり、肌の衰えを感じているのであれば、
B.Aプロテクター(ポーラ)がオススメです。

少し値が張るものの、
ポーラが力を入れているエイジングケアシリーズの日焼け止めクリームです。

アンチエイジング効果が非常に高く、
1年を通じて紫外線・近赤外線の影響から肌を守ってくれるだけじゃなく、
肌の劣化を早める乾燥対策も同時にできます。

B.Aプロテクターを使うことで肌にしっかりと水分を保ち、
肌の新陳代謝が乱れるを防いでくれます。

しっとりするのに軽い付け心地なので、
白浮きせずに肌に馴染んでくれます。

飲む日焼け止めで日焼け止めクリームの効果を補おう

肌が弱くて日焼け止めクリームを塗れない人には、
最近注目を集めている飲む飲む日焼け止めがおすすめです。

飲む日焼け止めの主な成分はポリフェノールで、
植物が紫外線のダメージから自分を守るために生成しているものなんです。

たいていの雑草が強い苦みを持っているのも
苦み成分でもあるポリフェノールを多く含んでいるから。

ポリフェノールを飲むと、短時間のうちに体に吸収されて
血液を通じて全身にポリフェノールが供給されます。

飲む日焼け止めは、飲んだら30分ほどで効果が強くなり、
全身くまなく日焼け止め効果を発揮してくれます。

目や唇、頭皮のように日焼け止めクリームを塗りにくい場所も、
飲む日焼け止めで紫外線対策ができます。

今は色んな種類の飲む日焼け止めが発売されているものの、
実はホワイトヴェールという商品のコピー商品ばかりです。

ホワイトヴェールは成分の99.9%が天然成分で、
美容効果が高い植物性プラセンタも配合。

日焼けによるシミや紫外線によるシワ・たるみも起こりにくくしてくれます。

ホワイトヴェールの効果は飲み続ければ飲み続けるほど体に蓄積されるので、
絶対に日焼けをしたくないのであれば、毎日飲むと良いです。

ホワイトヴェールはネット通販限定となっていますが、
定期購入の縛りなく初回割引してもらえるので、
今ならお試ししやすくなっていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました