ベランダプール・水遊びは近所迷惑?苦情を言われないマンションベランダでのビニールプールの水遊び方は?

真夏の炎天下でてっとり早く子供たちを遊ばせるには、
ベランダで家庭用ビニールプールを出してあげると良いですよね。

滑り台がついてるような大型のビニールプールじゃなくても、
小型のビニールプールだって、子供たちは大喜びで遊んでくれるものです。

ただベランダにビニールプールを出して遊ぶ際に気を付けなければいけないのは、
マンションの規約でビニールプールが禁止になっていないか確認することです。

  • プールで遊ぶ子供の声がうるさい
  • プールの水が洗濯ものにかかる
  • プールからの大量の排水による水漏れ

などなど、階下や両隣の部屋に迷惑をかけることがあるので、
特に隣とのベランダが目隠しで仕切られているだけで、
つながっているような場合には要注意です。

階下や両隣の部屋から苦情が来たり非常識と思われないためには、
マンションの規約ではビニールプール禁止じゃなかったとしても、
事前に一声かけておくとか、あまり長い時間は遊ばせないとか、
プールの排水方法などにも気を配るようにしましょう。

ネットの口コミでもマンションのベランダプールに関しては、
どちらかというと否定的な意見を持っている人が多く見られます。

ベランダのビニールプール遊びを快く思っていない人が多数派なので、
階下や両隣の部屋とはあまり人間関係が良くないのであれば、
ベランダでのビニールプールは残念ですがやめたほうが良いかもしれません。

マンションのベランダプールは迷惑?苦情が来る?

本当はとしまえんとかサマーランドとか、レジャープールに連れて行きたいけれど、
時間的な余裕がなかったり、お腹に子供がいて行動が制限される状況だと、
ベランダのビニールプールで子供を遊ばせたくなりますよね。

ただマンションのような集合住宅の場合、
ベランダは契約者だけが使える「専有部分」ではなくて、
マンションに住んでいる入居者全員の「共用部分」です。

ベランダはあくまでも、みんなの共有スペースではあるけれど、
基本的に自分の部屋からしか出入りすることはできないので、
自分専用な感じで使わせてもらっているだけにすぎません。

ベランダやバルコニーには災害などの有事で
玄関からの脱出や救助が困難な場合、
命を守る第二の避難経路というのが本来の役割です。

ベランダやバルコニーを含めた共用部分の使用方法に関しては、
各マンションの使用規則に明記されているはずです。

使用細則とは、マンションの管理組合が管理規約に基づいて詳細に定めた、
共同生活で守るべきルールのことで、
マンションの共用部分でしてはいけない行為なども
まとめられているはずです。

少なくとも「ベランダでプールOK」と
規約で明記されているマンションはまず存在していません。

マンションのベランダプールに関しては規約では禁止となっているか、
もしくは規約では触れられていないグレーゾーンという扱いのケースがほとんどです。

ちなみにマンション規約でベランダプールが禁止となっている場合、
過去にベランダプールで迷惑行為による苦情があった可能性が高いです。

あえて規約違反するのは余計なトラブルを招くことになるので、
ベランダプールは諦めたほうが賢明です。

子供たちにとっては残念ですが、
お風呂の水遊びグッズを充実させたりして、
お風呂プールで我慢してもらいましょう。

マンションのベランダプールは反対意見が多数…

ネットでマンションのベランダプールに関する口コミを調べてみると、
だいたい8割以上は反対!といった感じです。

反対意見を上げている人たちのほとんどは、
階上や隣の部屋のベランダプールで何かしらの迷惑を被った人たちがほとんどです。

後でまた詳しく説明をしていきますが、
プールの水を一気に排水されてしまった結果、
階下の部屋のベランダに水があふれて
ベランダに置いていたものが水浸しになってしまった。

こういった苦情がネットで良く見られます。

さらに何らかの迷惑をこうむったので苦情を言った結果、
人間関係が気まずくなってしまったケースも見られます。

マンションのベランダプールをするには、
事前にキチンとマンション規約に目を通し、
なおかつ階下や両隣の部屋にあらかじめ了解を取っておくなど、
根回しをしておく必要がありますね。

こんな環境ならマンションでベランダプールして良いかも

私自身はマンションでのベランダプールは
階下や両隣の部屋に迷惑をかけないという前提で賛成です。

実際に私の住んでいるマンションで、
毎年のように私が子供たちをベランダプールで遊ばせていますが、
苦情を言われたこともなければ、貼り紙で注意を受けたこともありません。

というのも、

部屋が角部屋で、ベランダも角にある

両隣の部屋とはベランダが物理的に区切られている

階下は企業の倉庫で居住スペースではない

排水溝が巨大で大量に水を流しても下水にすぐに流れていく

といった環境なので階下や両隣の部屋に
間違っても迷惑をかけることがないからです。

同じような環境であれば、
階下や両隣の部屋のことを気にせずに子供たちを
マンションのベランダプールで遊ばせられるんじゃないかと思います。

マンションのベランダプールで苦情が来る迷惑行為

マンションのベランダプールに関して
階下や両隣の部屋が苦情が来るような迷惑行為は、
大きく分けると次の3つの種類に分けることができます。

  • 大量の排水
  • 水鉄砲などの水はね
  • 騒音(子供たちの騒ぐ声)

逆に言えば、この3点に気を配ることにようにすれば、
マンションの規約でベランダブールが禁止になっていない限り、
子供たちにプール遊びをさせてあげられるんじゃないでしょうか。

大量の排水

プールを水で満たすとなると、400リットルとか500リットルとか、
大量の水が必要になります。

お風呂であれば栓を抜けば下水に直結して排水できるから良いモノの、
ベランダプールだと大量の排水で水があふれることがあります。

マンションのベランダの排水溝というのは、設計上、
雨水を流すことが目的となっています。

雨水の排水とお風呂やトイレなどの生活の汚水排水は全くの別物で、
戸外(屋外)にあるベランダは雨水排水を想定して作りになっています。

屋内にある生活排水とは違って、屋外のベランダは雨水の排水で多少濡れても
そこまで気にする必要はないですし、排水溝に砂や葉っぱなどのゴミが詰まって、
排水口がふさがってしまうのを防ぐために配管部が途切れていたりします。

こうした事情から、一度に大量の水をベランダに流してしまうと、
下の階のベランダに水や流した物が飛び散ってしまう可能性があります。

階下だけじゃなくて両隣の部屋にもベランダの水が流れて行ってしまい、
ベランダに置いてあったものを水で濡らしてダメにしてしまった、
という苦情もネットでは見受けられます。

排水溝の排水能力を超えた水をベランダに流してしまった結果、
ベランダの手すりの下からも水が流れ出てしまい、
階下で干していた洗濯ものを濡らしてしまった、という口コミもあります。

水漏れしなくても大量の水が一気に排水溝を流れていくと、
かなりの騒音になるので、その点を迷惑に感じている人もいます。

ただ、原点に戻って考えると、ベランダは共有スペースなので、
洗濯ものを干したり何かモノを置くというのも、
厳密に考えるとマンションの規約に抵触しているとも考えられるので、
排水に関してはどっちもどっちと言えなくもないですね。

水風船とか水鉄砲などの水はね

家庭用ビニールプール遊びで使う定番のおもちゃと言えば、
水風船とか水鉄砲じゃないでしょうか。

どちらのおもちゃも大人だって楽しく遊べる道具ですが、
こうした水遊びグッズによる水はねも、
ベランダプールが反対される大きな理由の一つです。

たしかに、雨が降っているわけでもないのに、
マンションの上の階からびしゃびしゃと水がしたたり落ちるのは、
決して気持ちの良いモノではありません。

水が落ちてくる階下の部屋の人にとっては、
水の正体がわからないので、嫌悪感を抱くのも無理はありません。

騒音(子供たちの騒ぐ声)

マンションなどの集合住宅で
最も苦情になる問題の1位は圧倒的に「騒音」です。

上の階の子供がドタドタと走り回るような生活音だけじゃなくて、
「赤ちゃんの泣き声がうるさい」「小さな子供の笑い声がうるさい」
ということも騒音に含まれます。

最近では保育園に対して騒音の苦情が寄せられるような時代になっていて、
小さな子供を持つ親としては肩身の狭い思いにはなるものの、
世の中には異なる生活リズムで暮らしていることも忘れてはいけません。

病院や工場勤務の人たちは日常的に夜勤があり、
概日リズムが狂ってしまいがいです。

体内時計と24時間の時間の流れがずれてしまうと、
自律神経の働きも乱れてしまい、気分が興奮しやすくなって、
ちょっとしたことも気になってしまいがちです。

夜勤明けで高ぶる気持ちが収まってようやく眠れそうになった時に、
子供たちの騒ぎ声で起こされてしまったら、
怒りに似た感情を持つのは仕方がないことだと思います。

私のパートナーも夜勤のある医療従事者で、
夜勤明けで帰ってきた日は、疲労とストレスで気分が苛立っていることを承知しているので、
極力、そっとしておくようにしています。

ベランダプール・水遊びの注意点

マンションのベランダプールは、
近所迷惑になる可能性が高いものの、妊娠中だったり
子供が怪我や病気で公営のプールは遊泳禁止になるような場合、
やっぱりおうちプールで遊ばせたくなりますよね。

そこで、ベランダでプール・水遊びをする場合の注意点をまとめました。

  • 事前にマンション規約を確認するor管理人に確認をする
  • 階下や両隣の部屋に了解を取っておく
  • プールの水は時間をかけて少しずつ排水する
  • 子供たちにはお風呂プールで我慢をしてもらうことも

事前にマンション規約を確認するor管理人に確認をする

まず真っ先に確認をしなければいけないのは、
マンション規約でベランダプールが禁止されていないかどうか。

ベランダでのプールや水遊びは禁止と明記されている場合、
残念ですがベランダプールは避けたほうが良いでしょう。

もしマンション規約に違反してまでベランダプールを強行してしまうと、
後々に大きな人間関係トラブルに発展しかねません。

マンション規約にはベランダプールに関する記述がなかった場合には、
念のため管理人さんにも聞いてみて、過去にトラブルがなかったかとか、
確かめておくと安心です。

階下や両隣の部屋に了解を取っておく

両隣りの部屋とはベランダが陸続きになっているような場合や、
排水溝が自分の部屋ではなくて違う部屋のスペースにあるような場合、
プールの排水に気を配らなければいけません。

階下や両隣の部屋には事前に了解を取っておけば、
後で苦情を言われるトラブルも減らすことができますね。

・プールの水は時間をかけて少しずつ排水する

プールにためた何百リットルもの水を一気に流すと、
ベランダが水であふれることがあります。

手すりの下から階下へと水がしたたり落ちるようなことがあれば、
いろいろなトラブルの種になってしまいます。

ネットではプールの水をバケツにくんで、
わざわざ風呂場に流すという人もいましたが、
両隣の部屋との人間関係が悪くなければ、
何もそこまで気を使う必要もないんじゃないでしょうか。

大雨が降った時と同じくらいの水量で、
時間をかけて少しずつ水を流すようにすれば、
迷惑をかけることはないでしょう。

子供たちにはお風呂プールで我慢をしてもらうことも

マンションの規約でベランダプール禁止だったり、
階下や両隣の部屋の人からどうしても了解を得られかったり、
あまり人間関係がうまくいっていない場合には、
子供たちにはお風呂プールで我慢をしてもらわないといけません。

繰り返しになりますが、無理にベランダプールをやってしまうと、
後々に肩身の狭い思いをさせられる可能性もあります。

逆に自分が迷惑行為をされ立場になっても、
言い返せなくて泣き寝入りせざるを得なくなることもあるので、
くれぐれもマンションの規約を守り、
両隣の部屋の人と余計なトラブルを起こすのは避けましょう。

ベランダプール・水遊びでの事故にも要注意!

ベランダに出せるくらいの家庭用ビニールプールであれば、
大型のビニールプールでも水の深さはせいぜい
50cmとかその位じゃないでしょうか。

大人のひざ下くらいの水深くらいしかないものの、
実は子供が溺死するには十分の深さがあります。

過去にはたった15cmの水深しかない保育園のプールで、
園児が溺死してしまった悲しい事故が起きています。

小さな子供の水の事故で怖いのは、
大人とは違って子供が驚くほど騒がないこと。

何事もなかったかのように水の中で身動きをしないまま、
そのまま大量の水を飲みこんでしまって、
大人の発見が遅れることがあります。

ベランダプールは浅いからといって油断をせず、
子供を水遊びさせるのであれば事故にもくれぐれも注意しなければいけません。

同じようにベランダで多いのはやはり転落事故です。

ちょっとした踏み台に上ってベランダの手すりによじ登り、
転落してしまう子供は毎年のようにいます。

家庭用ビニールプールのヘリの部分をクッションにして、
ぴょんぴょん飛び跳ねて遊ぶ子も多いですから、
転落事故にもくれぐれも気を付けなければいけません。

マンションベランダにありがちなご近所トラブル

マンションのベランダではプールでの水遊び以外にも、

  • タバコを吸うホタル族
  • バーベキューや花火

といった迷惑行為にも気を付けなければいけません。

タバコを吸うホタル族

今は喫煙者にとっては肩身の狭い社会となっていて、
タバコが吸える場所はどんどん限られるようになっています。

小さな子供がいれば部屋の中で吸うこともできず、
やむを得ずベランダで吸う人もいるんじゃないでしょうか。

通称、ホタル族なんて呼ばれることもありますが、
階下の人にとってはタバコの灰が降ってきたり、
場合によってはタバコの吸い殻がベランダに落ちてくることもあります。

もし子供がタバコの吸い殻を間違って口に入れてしまったら、
病院での救急対応が緊急事態になります。

喫煙者は自宅マンションではタバコを吸わないか、
もしくはIQOSなどに切り替えた方が良さそうです。

バーベキューや花火

マンションのベランダではあまりにも非常識ですが、
バーベキューや花火をする人たちもいるようです。

ベランダにテントを出して手軽なアウトドアごっこをするのは良いでしょうが、
バーベキューや花火のように火が出る遊びとなると、
火災の危険があります。

万が一、自分が火元の原因となってしまったら、
とんでもない賠償請求をされることになりますし、
そもそもバーベキューや花火をすること自体、
マンション中から非難の声を浴びせられることになります。

ベランダはあくまでも共有スペースでマンション居住者全員のモノですから、
自分勝手な使い方をするのは控えなければいけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました