プールで帽子はなぜ必要?帽子がいらないプールの理由は?

学校のプールをはじめとして市民プールなどの公営プールでは、
プール帽子(スイミングキャップ)をかぶらないと、
遊泳禁止になることが多いです。

子供が水泳帽子を持ってきたとしても、
付き添いの大人が水泳帽子を忘れてしまうと、
大人も子供もどちらもプールに入れなくなってしまうので、
事前にプールのホームページで確認をしておく必要があります。

プール帽子に関しては割と厳しく制限されているわけですが、
その理由はどうやら抜けた髪の毛がプールに混ざらないようにするためのようです。

確かに髪の毛が水面にたくさん浮いているのは見た目が良くないですし、
プールの掃除をするときも手間が増えてしまいそう。

排水溝を詰まらせてしまうこともあるでしょうから、
プールで水泳帽子着用を義務付ける理由は良くわかります。

ただプールで水泳帽子着用義務があるのは公営プールがほとんどで、
サマーランドやとしまえんのようなレジャープールでは、
帽子なしでも遊べるところがほとんどです。

公営プールでも屋内だと帽子着用義務を設けているところが多いのに対して、
屋外プールでは帽子を着用しなくても良いところが多いです。

プール帽子が必要な理由は衛生管理

プールによっては、なぜうるさいほどに
水泳帽子(スイミングキャップ)を着用するように言われるのかというと、
頭と頭がぶつかって怪我をしないため?
と思われがちですが、実際には違うようです。

確かにお互いに水泳帽子をかぶっていたら怪我の防止にもなるでしょうが、
それよりもプールの中に抜けた髪の毛を落ちるのを防ぐことが目的のようです。

プールでは意外と激しい運動をしていて、頭から水をかぶりますから、
抜け毛の量も意外と多いのかもしれません。

水中に髪の毛が浮かんでいる所なんて見たことないものの、
それはやはり丁寧に掃除をしているからかもしれません。

ただそれでも、髪の毛の量が多いと排水溝を詰まらせるなどの
プールの故障につながる恐れもありますから、
プールでの帽子着用義務があれば守らなければいけませんね。

プール帽子着用で入場料が安くなる恩恵もある

プール帽子着用義務を設けているのは特に市民プールや
公営ジムなどに多く見られます。

後で一例をあげていきますが、市民プールの中でも、
屋外プールであれば割と帽子なしでも入れるプールが多く、
屋内プールではほぼ水泳帽子着用が義務付けられています。

屋内プールだと1年中プールに入ることができるので、
屋外プールよりも営業期間が長くなることから、
水泳帽子を着用しないと髪の毛がたくさんたまってしまうんでしょう。

水泳帽子着用は利用者にとっては面倒な規約ではあるものの、
ただその代りにプールの維持管理費用がそれだけ抑えることができ、
プール利用料金が安くなるというメリットもあります。

プールを安い料金で使わせてもらえる以上、
最低限のルールは守らないといけませんね。

としまえん、サマーランドなどは帽子必要なし

市民プール、区民プール、公設ジムではない
としまえん、サマーランドなどのレジャープールでは、
逆に水泳帽子着用を義務付けていないところがほとんど。

調べたかぎり、民間が運営するレジャープールでは、
水泳帽子着用を義務付けているところは見当たりませんでした。

プール帽子がいらない市民プールの一例

プール帽子着用の義務があるかどうか、
市民プールをいくつか調べてみました。

まず規約で「プール帽子を着用しなくて良い」と明記しているのは、
下記のプールがありました。

日野市民プール/施設紹介

市民プール 東京都府中市ホームページ

守っていただきたい「福生市営プールのルール」|東京都福生市公式ホームページ

夏はみんなで北野公園市民プールに行こう! 所沢市ホームページ

県立辻堂海浜公園 公式サイト -ジャンボプール -よくある質問 お問合わせの前にご覧ください。

また、規約を見る限り、水泳帽子着用について触れていないので、
実質的にプール帽子が不要と思われるプールもあります。

温水プール期間のご利用について – 萩中公園プール

プール利用上の注意 | 船橋市運動公園プール

利用上の注意|アクアブルー多摩 -多摩市民温水プール

市民プール 稲城市ホームページ

和名ケ谷スポーツセンター温水プール|松戸市

千歳温水プール プール個人利用案内|公益財団法人 世田谷区スポーツ振興財団

よくある質問|六供温水プール

よくあるQ&A|アクアブルー多摩 -多摩市民温水プール

横須賀市営プール情報

(個人で利用する)温水プール 船橋アリーナ| 船橋市アリーナ【公益財団法人船橋市文化・スポーツ公社】

プール帽子義務がある市民プールの一例

プールに入るためには帽子着用しなければいけないと、
規約で明記されているプールです。

草加市体育協会 市民温水プール
水泳帽子、水着を必ず着用してください。水泳帽子は受付でも販売しております。幼児とその付添人は貸与される水泳帽子(オレンジ)を着用していただきます。 また、水着以外での入場はできません。

市民プール | 社会福祉法人越谷市社会福祉協議会
水着と水泳帽子は必ず着用してください。

プールエリアでは帽子が必要ですか。(サンアール朝日)/川口市ホームページ
プールエリアでは水着と帽子の着用が必要です。水着と帽子は入り口の自動販売機で販売をしておりますが、サイズや在庫が少ないため、持参していただけますようお願いします。

かみね公園 かみね市民プール
※ 水泳帽子着用※ 小学 2 年生以下、保護者(18歳以上)同伴必要

休憩時間がある市民プールも多いですよね

ちなみに市民プールと言えば2時間に1回とか、
1時間に1回くらいの頻度で休憩時間を設けているところが多いですよね。

休憩時間の間にプール監視員がプールサイドを回ったりプールに入ったりして、
落し物やごみを拾ったりしている姿を見かけます。

また市民プールは子連れや小学生くらいの子供のグループも良く見られるので、
事故防止のために休憩時間を設けていると思われます。

プールの水は意外と汚い!ゴーグル着用がベスト

プールに髪の毛が落ちているのは、
もしかしたら気が付くことがあるかもしれませんが、
プールには他にもわかりにくい汚れがたくさん混ざっています。

  • 鼻水
  • よだれ
  • 日焼け止めクリーム
  • 皮脂

などなどさまざまな汚れが混ざっています。

塩素で殺菌消毒されているとはいえ、
プールの水はきれいに見えて意外と汚れているものです。

プールで遊んだあとは、面倒がらずにシャワーを浴びて、
家に帰ってからキチンと体を洗わなければいけません。

結膜炎防止には洗眼よりもゴーグル着用

プールでは水中に潜って泳いだり遊んだりすることもありますよね。

汚れたプールの水が目に入ることで
結膜炎を起こしてしまうこともあります。

プール後は体を洗うだけじゃなくて、
できれば目もきちんと洗ったほうが良いです。

昔であれば目にあたるように洗眼シャワーがありましたが、
現在ではシャワーの水圧で角膜が傷つけられる危険性が指摘され、
洗眼シャワーが使われなくなりつつあります。

だからと言って、目を洗わないわけにはいかないので、
プールで遊ぶ際はできればゴーグルをしたほうが良いです。

プール自体はそれほど汚れていなかったとしても、
塩素によって目がダメージを受けてしまうことも考えられるので、
プール遊びは水泳帽子だけじゃなくてゴーグルも持っていくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました