家庭用ビニールプールの遊び方7選【おうちプール遊び道具も】

家庭用のビニールプールだと
水深はそれほど深くはないし決して広くはないものの、
それでも小学校低学年くらいまでは十分過ぎるほどの遊び道具になります。

なんの道具を使わなくたって、
ただ水に飛び込んだりするだけでも
子供たちはひたすらプール遊びを続けるし、
他にも、

  • ワニ歩き
  • バタ足
  • 流れるプール

といった遊び方もできます。

水に沈む小石やおはじきなどを使えば、
水中宝探しができるようになるし、
フラフープがあれば水中フープくぐりなんかもできます。

プール遊びの道具を充実させるならば、

  • お風呂で使っている水遊びグッズ
  • きれいな小石など水に沈むもの
  • 100均でも買える水鉄砲
  • 水風船・スーパーボールなど水に浮くもの
  • ペットボトル・空き容器
  • 薄い使い捨てゴム手袋
  • 大容量のゴミ袋

などを用意するだけで、
子供たちはそれこそ狂ったようにプール遊びに夢中になります。

ちなみに、家庭用ビニールプールには
ただ大型なだけじゃなくて屋根や滑り台がついているものもあります。

amazonや楽天など通販サイトで見る限り、
とても楽しそうに見えてしまうものの、
子供たちが成長するにつれて不要になってきてしまいます。

滑り台などは室内用のジャングルジムなどを
プールまで持ち出したりするのが良さそうです。

家庭用ビニールプールの遊び方

わざわざとしまえんやサマーランド、
よみうりランドみたいなレジャープールに行かなくても、
工夫次第で家庭用ビニールプールでも子供は十分に遊んでくれます。

レジャープールに行くよりも、
何かあればすぐに家に帰ることができますから、
親にしてみても安心だし安全。

さらに親から遊びの提案をしてあげることで、
子供は1時間でも2時間でもプール遊びをすることがありますが、
具体的に家庭用ビニールプールではどんな遊び方があるのかというと、

  • ワニ歩き
  • バタ足
  • 流れるプール
  • 水中宝探し
  • フープくぐり

といったものがあります。

ワニ歩き

水の中で足を浮かせて手だけであちこちを動き回るだけの遊びです。

狭いプールでも子供が二人いれば、
ワニ歩きで鬼ごっこなんかも出来ちゃいます。

プールや水が苦手な子供でも、
顔に水が浸からない程度の深さにしてあげれば、
ワニ歩きでプール遊びをしてくれたりします。

バタ足

プールのヘリにつかまって足をバタバタする遊び。

  • アリさんのバタ足!
  • ゾウさんのバタ足!

みたいにバタ足の強弱を親が伝えるだけで、
子供たちは大はしゃぎでバタ足をしてくれます。

子供二人で大きなバタ足をすれば、
プールからじゃぶじゃぶと水も出ていくので、
プール遊びの最後にバタ足をしてもらえれば、
プールの水抜きの手間もちょっとは省くことができます。

流れるプール

家庭用ビニールプールのような狭いプールでも、
ぐるぐると回っていたら流れができます。

ちょっとした流れるプールを再現できて、
流れに乗ってプカプカ浮かんでみたり、
水に浮かぶおもちゃを流して遊ぶことができます。

水中宝探し

家庭用ビニールプールの定番中の定番の遊び方が、
水中宝探しじゃないでしょうか。

  • 綺麗な小石
  • おはじき
  • その他水に沈むもの

をプールの中に入れて、
子供たちには顔を水につけて拾い集めてもらいます。

宝物に点数をつけたりして合計点を競い合えるようにすると、
子供二人もいれば(ケンカになるほど)盛り上がるゲームになります。

フープくぐり

フラフープがあると
家庭用ビニールプールでフープくぐりもできます。

水中にフラフープを立ててその中をくぐってもらっても良いですし、
フラフープを水に浮かべてフープの中にうまく飛び込んでもらう、
といった遊び方もできます。

おうちのベランダプールの遊び道具

家庭用ビニールプールはお庭じゃなくて
マンションならベランダに出して遊ぶこともありますよね。

庭付き一軒屋ほど激しい遊びはできないものの、
その代わりに遊び道具でプール遊びを充実させることができます。

家庭用ビニールプールで使える水遊び道具としては

  • お風呂で使っている水遊びグッズ
  • 100均でも買える水鉄砲
  • 水風船・スーパーボールなど水に浮くもの
  • ペットボトル・空き容器
  • 使い捨てビニール手袋
  • 大容量のゴミ袋

といったものがあります。

お風呂で使っている水遊びグッズ

普段はお風呂で使っているバケツやジョウロは
家庭用ビニールプールでもそのまま遊べます。

お風呂とは違って屋外という解放感が子供には大うけで、
遊び飽きているような水遊びグッズでも、
時間を忘れて遊び続けてくれたりします。

最近、人気のあるお風呂の遊び道具を調べてみると、

サッシー 水遊び&バストイ ペリカン・フレンズ
ペリカンのくちばしで水をすくったり、魚釣りのの真似事ができる遊び道具です。
ヒトデがシャワーになったりとびっくりな仕掛けがたくさんで使わないときはペリカンの中にしまっておけます。

oball H2O オーボール タピースクープ フレンズ
オーボールシリーズはやわらかいボールが特徴的なおもちゃメーカーで、
ヒトデからは水がこぼれたりタコを押すと音が鳴ったりします。
遊び終わったら大きなクジラに他のおもちゃを入れて片付けておけます。

100均でも買える水鉄砲

プール遊びの定番中の定番の遊び道具である水鉄砲は、
最近は背中にウォータータンクを背負って、
電動で水を連射させるような高機能の水鉄砲もありますが、
100均でも水鉄砲を買うことはできます。

水が出る勢いが弱かったり、
水がなかなかたまらなくて不便だったりするものの、
そんなことはお構いなしに子供は遊んでくれます。

水風船・スーパーボールなど水に浮くもの

綺麗な小石などをプールに沈めて遊ぶのとは逆に、
水風船・スーパーボールをプールに浮かべて遊ぶこともできます。

縁日のスーパーボールすくいの要領で、
バケツでスーパーボールを集める競争をしても、
子供たちには大盛り上がりです。

スーパーボールと言えば、
夏はあちこちの縁日でもらえるので、
数は豊富にあるんじゃないでしょうか。

水風船は家の中で水を入れて
プールの中に浮かべてあげると良いです。

水風船をプールの中で触ると妙に、
プニプニとした触感となるので、
大人でも病み付きになりますよ。

ペットボトル・空き容器

ペットボトルや洗剤の空き容器など、
水を出し入れできる入れ物ならなんでも
家庭用プールの遊び道具になります。

ペットボトルは、たとえば底の方にいくつか穴を空けると、
ちょっとしたシャワーにすることができます。

もしくはキャップに穴を空けておくと、
水を入れた状態でペットボトルをギュッと押しつぶすことで、
水鉄砲のようにして遊ぶことができます。

マヨネーズ、ケチャップの空き容器なら、
そのまま水鉄砲のように使うことができるし、
シールを張ってデコることもできます。

使い捨てビニール手袋

使い捨てのビニール手袋に水を入れると、
パンパンに膨らんだ手のようになります。

水を入れた手袋だけでも子供は楽しんでくれますが、
さらに指先に穴を当て上げるとそこから水が飛び出すので、
子供がゲラゲラ笑うような光景になります。

大容量のゴミ袋

40リットルとか50リットルくらい入る
大容量のゴミ袋にただ水を入れるだけです。

口を閉じればクッションのようになるので、
プールの中でちょっとした椅子を作ることもできます。

大容量のゴミ袋に水を出したり入れたりするだけでも、
子供たちや喜んで遊び続けてくれます。

トリプルウォータースライダー

子供がちょっと大きくなってきたら、
簡易のウォータースライダーを作ってあげるのもよさそうです。

※安全確保には十分に注意が必要です。

傾斜を利用できるのであれば、
傾斜にビニールシートを敷いて、
その上に水を流すだけで即席のウォータースライダーになります。

トリプルウォータースライダー

という家庭用ビニールプールで使えるような
ウォータースライダーの遊び道具も販売されています。

両端に空気を入れてクッションの壁を作り、
家庭用ホースにつないでスライダーを囲むように水を流します。

スライダーの下にはクッションがないので、
芝生や柔らかい土の上に設置するか
クッション性のあるシートマットを敷いてあげましょう。

おうちプールの水の事故に要注意

おうちプールで気を付けたいのはやはり水の事故です。

東京消防庁が発表した資料によると、
平成20年から平成24年にかけて発生した
ビニールプールのおぼれ事故は

  • 0~2歳:33.3%、
  • 3~5歳:25.5%

といった割合になっています。

乳幼児は、10センチ程度の水深であれば、
起き上がることができずに溺れる可能性があり、
顔が5分間水につかっていれば、
そのまま命を落としてしまうこともあります。

おうちプールで遊ぶ場合、少なくとも、

  • 30分に1度は休憩をする
  • 日焼け止め対策をしておく
  • 虫除け対策をしておく
  • 気温・水温が低い日は避ける
  • 熱中症に気を付ける

といった点に気を付けるようにしましょう。

30分に1度は休憩をする

プールは浮力が働くので感覚が鈍るものの、
意外と全身運動をしているものです。

浮力によって下半身の負荷は減るのに対して、
腕を動かすだけでも水の抵抗を受けます。

さらに夏の暑さで体力も奪われるので、
想像以上のスピードで疲労がたまってしまいます。

どんなに楽しそうに遊んでいたとしても、
30分に1回は休憩を入れるようにしましょう。

日焼け止め対策をしておく

子供の肌は大人に比べて非常にデリケートです。

その代わりに回復力は大人よりも優れているものの、
だからと言って日焼けを放置するのは危険です。

日焼けも火傷の一種ですから、
ひどい場合には赤くはれることがあるし、
ヒリヒリと痛くて夜は眠れなくなることもあります。

ウォータープルーフの日焼け止めクリームの中でも、
子供に使うのであればできれば低刺激のモノが良いです。

オススメなのはフォーファムの日焼け止めクリームで、
保湿効果もあるため紫外線で傷んだ肌もケアしてくれますよ。

虫除け対策をしておく

ベランダ菜園をしていたり庭に木を植えているような場合、
プールを出すと虫が寄ってくることがあります。

虫刺されの怖いところは、かゆいのを我慢できずに
ひっきりなしにかき続けることでとびひなど皮膚炎を起こしてしまうこと。

保育園によってはとびひと診断されたら
登園停止になってしまうこともあるので、
虫刺され対策も欠かせません。

フォーファムの日焼け止めクリームには、
実は虫除け効果のある成分も配合されているので、
日焼け止めと同時に虫除け対策もできて一石二鳥です。

気温・水温が低い日は避ける

子供がいくら「おうちプールで遊びたい!」と言いだしても、
気温・水温が低い日は避けるようにしましょう。

最低でも、

  • 気温30度以上
  • 水温25度以上

となっているのがベストです。

どうしても水遊びしたいのであれば、
水着を着させてお風呂で我慢してもらうようにしましょう。

熱中症に気を付ける

プールで体が冷えていると気づきにくいモノのの、
晴れていたら容赦なく太陽の光を浴び続けます。

熱中症の危険性は無視できないので、
小まめの水分補給と日陰での休憩が大切です。

熱中症の初期段階では、
顔が真っ赤になってきて、
肩で息をするほど体が疲れきったりしています。

子供が「まだ遊びたい!」と駄々をこねても、
いったんは休憩をさせて水を飲ませると同時に、
塩飴などでミネラル分を補給するようにしましょう。

家庭用ビニールプールの選び方・屋根や滑り台は不要?

ちょっと前までは家庭用ビニールプールには、
キャラクターの柄の入った円形のプールくらいしかありませんでした。

けれども最近はトイザラスやアマゾン、楽天などで、
色んな家庭用ビニールプールを見かけるようになりました。

我が家でもシャチ?クジラ?の形状をした家庭用ビニールプールを愛用していて、
上に伸びた尻尾にホースをつなげてシャワーを出せるようになっています。

サイズも大きめなのでプールに通っている小学校低学年の子供も、
とても楽しそうに遊んでくれています。

価格は確か3000円もしなかったと思いますが、
6000円とか1万円も出せば

  • 屋根付き
  • 滑り台つき

みたいなアトラクション付きの家庭用ビニールプールも購入できます。

通販サイトを眺めていると、こういう家庭用ビニールプールは、
すごく魅力的に見えるものの、実際の使い勝手を考えると、
蛇足な気がしてしまいます。

家庭用ビニールプールは大人がちょっと工夫をしてあげたり、
安くても遊び道具を用意してあげれば、
子供はすごく楽しんで遊んでくれます。

わざわざ滑り台のようなものがなくたって、
子供は自分たちで考えて自分たちの遊びをしてくれます。

それに家庭用ビニールプールの装備が多くなればなるほど、
手入れが大変になるし、子供が飽きてしまったらそれこそ無駄になります。

家庭用ビニールプールはどちらかというと、
できるだけサイズが大きくシンプルなものを選ぶようにして、
遊び方や遊び道具を工夫してあげたほうが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました