ビニールプールを洗うなら中性洗剤?カビ・ヌメリ取りの洗い方は?

遊び終わった後や、シーズンの終わりに収納する前には、
ビニールプールは洗ったほうが良いですね。

見た目には汚れていないように見えても、
ビニールプールの水の中には、
汗や皮脂など色んな汚れが混ざっているものです。

こうした汚れが雑菌やカビのえさになってしまい、
ビニールプールにカビが生えたり劣化を早める原因となります。

ビニールプールを洗うには、
どこの家にでもある食器用洗剤やお風呂用洗剤などの
中性洗剤を使えばOK。

ただ、ビニールプールは子供が舐める(?)こともあり得るので、
パストリーゼのように誤飲しても全く問題のない
安全な洗剤を使ったほうが良いかもしれません。

もしすでにぬめりのビニールプールを洗うのであれば、
中性洗剤だけではぬめりを落としきれないかもしれません。

その場合、クエン酸など弱酸性の作用を持つ洗剤を使うことで、
ぬめりを落とすことができますよ。

ビニールプールを洗うなら中性洗剤+重曹

ビニールプールの汚れの原因としては、

  • 皮脂
  • 鼻水
  • よだれ
  • おしっこ
  • 砂埃、泥
  • などいろいろな要因が考えられます。

こうした汚れを放っておくと雑菌やカビが繁殖してしまい、
ビニールプールの劣化を早める原因となってしまいます。

翌シーズンもビニールプールで遊べるようにするためには、
丁寧に洗う必要があります。

ただ、ビニールプールの洗い方は簡単で、
水で軽く汚れを洗い落とした後、中性洗剤で軽くこするだけ。

汚れがひどくなければ、これだけでビニールプールに付着した
目に見えない汚れもきれいに洗い落とすことができます。

念には念を入れるのであれば、中性洗剤で洗った後、
重曹スプレーをビニールプールに吹きかけて乾燥させれば、
水道水に含まれるカルキによる水垢を落としてくれたり、
除菌効果で雑菌やカビの繁殖を防いでくれます。

パストリーゼなら掃除しつつ除菌・消臭もできる

ビニールプールを洗う洗剤は中性洗剤であれば種類は特に問いません

台所洗剤であれば、

  • ジョイ
  • ママレモン
  • チャーミーV
  • キュキュット
  • ファミリーフレッシュ
  • フロッシュ

などなどがありますが、パストリーゼを使って洗うのもオススメです。

パストリーゼとはどちらかというと
アルコール除菌スプレーではありますが、
食品に直接噴霧できるのが最大の特徴です。

パストリーゼなら食品にそのまま吹きかけることができて、
無味無臭なので食べ物の味が変わる心配もないほど。

アルコール濃度77%のパストリーゼなら
水も油も両方溶かすことができるので、
テーブルやフローリングなどのベタベタも、
ビニールプールの汚れもしっかり落とすことができます。

パストリーゼはアルコール除菌だけではなくて、
抗菌作用に優れた緑茶由来のカテキンという成分も含まれているので、
パストリーゼのアルコールが蒸発した後もカテキンはビニールプールに残り、
カビや雑菌の繁殖を抑えてくれますよ。

洗ったビニールプールの干し方・乾燥方法

洗い終わったビニールプールはよく干して乾燥させなければいけません。

カビや雑菌の中には、わずかな水分さえあれば繁殖してしまうものがあり、
次に使うときにはカビでビニールプールがびっしり!
なんていうことも起こりえます。

ビニールプールは直射日光に長時間晒し続けると、
紫外線によってベタベタして劣化してしまうモノなので、
日陰の物干しざおなどに干すようにしましょう。

可能であれば、日の当たらない室内に、
ビニールプールを干すのが理想です。

プールの残り水で水鉄砲・浮き輪の汚れも洗ってしまおう!

家庭用のビニールプールは、
大型になればなるほど大量の水を入れることになりますよね。

単純にそのまま水を捨てるのは非常にもったいない気がするで、
何かに再利用できるのが一番じゃないかと思います。

  • 庭の草木に水をやる
  • 打ち水にして涼をとる
  • ペットのシャンプーをする
  • 洗車に使う
  • 洗濯機の水にする

などなどがありますが、最も手軽なのは
水鉄砲・浮き輪の汚れも洗うことでしょう。

ビニールプールの水をバケツなどに移して、
中性製剤を数的垂らして混ぜた洗浄水を作り、
水鉄砲・浮き輪をつけ置き洗いすればOK。

水鉄砲・浮き輪の汚れは落ちてもヌメリが残っている場合には、
次で説明する通り、重曹かクエン酸で洗うと良いですよ。

ビニールプールの水垢・ヌメリの取り方

使い終わったビニールプールを触ってみると、
あちこちにぬめりがあることがあります。

ビニールプールぬめりの正体は水垢ですが、
実は水垢にも大きく分けて2種類があります。

水道の蛇口の周りなどに見られる白っぽい水垢汚れは、
カルキを多く含んだ弱アルカリ性で、
カチカチに硬くなるのが特徴です。

それに対してミネラル分や皮脂汚れなどが多くなると、
水垢はぬめぬめとするようになります。

これは、水のアルカリ性が強まることが主な原因で、
石鹸がヌメヌメするのと同じ原理です。

ビニールプールのぬめりは弱アルカリ性の水垢なので、
重曹で落とすのは難しくなります。

重曹を水に溶かすと同じく弱アルカリ性となるので、
ぬめりが落ちないことがありますが、
そんなときにはクエン酸を使うと良いです。

クエン酸は水に溶かすと弱酸性を示すようになり、
弱アルカリ性の水垢によるぬめりもしっかりと落とすことができます。

重曹とクエン酸の両方を使ってビニールプールを洗うと、
より強力に汚れを洗い落とすことができますよ。

ビニールプールのカビの取り方

ビニールプールの保存方法が悪いとピンク色のカビ、赤カビ、
黒カビなどが生えることがあります。

カビは、ゴシゴシこすって落とすこともできるんですが、
菌が少しでも残ってしまうと、菌の増殖が再発してしまい、
気づかないうちにまたビニールプールのカビが目立つようになってしまいます。

カビは代表的なハウスダストであり、アレルギーを招くアレルゲンなので、
カビを発見したらできるだけ速やかに洗い落とさなければいけません。

カビをしっかり落とそうと思ったら、
キッチンハイターなどの塩素系漂白剤を使って洗うのがベストです。

ベタベタするビニールプールの洗い方

ビニールプールがヌメヌメするわけじゃなくて、
ベタベタすることもあります。

収納しておいたビニールプールを夏の初めに取り出してみると、
ビニールプールの一部にべとつきが起きていることがありますが、
これはビニールプールの劣化が原因です。

ビニールプールの素材は塩化ビニルで、
「可塑剤」という薬品を混ぜることで柔らかさを調節しています。

可塑剤の量が少なければ、フィギュア(人形)のように硬くなるし、
可塑剤を多くすればビニールプールのように薄く柔らかくなります。

塩化ビニルに含まれている可塑剤は、
塩化ビニルと完全に結合しているわけではなく、
ジワジワと表面から漏れ出していくことがあり、
これがビニールプールのべとつきの原因です。

可塑剤は放っておいても徐々に漏れ出してしまうものの、
ビニールプールの保存方法が悪いと劣化を速めてしまい、
ベトベトしやすくなってしまいます。

ベタベタさせないビニールプールのたたみ方

ビニールプールをベトベトさせないためには、
ビニールプールのたたみ方と収納方法に気を付けましょう。

ビニールプールに直射日光を浴びせ続けると
紫外線によって可塑剤がしみだしやすくなってしまいます。

ビニールプールは日の当たらない冷暗所に保管しておいたほうがよくて、
さらにベビーパウダーのようなものを振り掛けておくことで、
ベトベトを防止できます。

ベビーパウダーじゃなくても、粉上のモノであれば何でもよいんですが、
小麦粉を使ってしまうと雑菌が繁殖する可能性があるので注意をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました