【覚せい剤逮捕】大野和男(東京都市大学教授)の経歴や顔画像は?入手ルートは?どこで使用?逮捕歴は?

覚せい剤の入手ルートは?いつどこで使用?逮捕歴は?

大野和男(東京都市大学教授)がいつどこで覚せい剤を使用したのかというと、
6月2日未明に新宿区の路上で警察官が職務質問したところ、
持っていたリュックサックの中に覚せい剤を所持しているのが見つかったため現行犯逮捕。

この時には覚せい剤や使用していなかったようですが、
大野和男は昨年4月1日付で東京都市大学教授に着任した直後の4月下旬に
やはり覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されています。

大野和男はなぜ東京都市大学教授を解雇・懲戒免職されなかった?

大野和男は有罪判決を受けて執行猶予中の身でありながら2度目の逮捕となりましたが、
大学側に一切報告をしていなかったようです。

そのため大学側も大野和男の覚せい剤による有罪判決を知らず、
教授として、講義やゼミを続けさせていたようです。

現在大野和男は6月21日に覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴されています。

大野和男の顔画像は?学部学科はどこ?経歴・研究業績は?

大野和男の年齢は51歳。

東京都市大学の人間科学部の教授として発達心理学などを専門にしていたようです

心理学の講義や研究活動の他にも約10人程度の少人数で
「保育学・発達学研究室」のゼミも担当していました。

タイトルとURLをコピーしました