虫除け・日焼け止め順番は?赤ちゃん・子供も併用できる虫除けスプレー・日焼け止めクリームは?

夏のプールやキャンプでは虫除けと同時に
紫外線対策もしなければいけませんよね。

虫除けスプレーと日焼け止めクリームを
両方一緒に使う必要があるわけですが、
肌に塗る順番は日焼け止めクリームが先で、
虫除けスプレーは化粧をした最後に使います。

虫除けスプレーは空気中に虫の嫌がる成分が揮発することで、
虫除け効果を発揮する仕組みになっているので、
日焼け止めをの前に虫除けスプレーをしてしまうと
虫除け効果がなくなってしまいます。

虫除けスプレーと日焼け止めクリームは、
別々に持っていくのも良いですが、今は
虫除け効果のある日焼け止めクリームも販売されています。

For fam(フォーファム)アウトドアUVミルクなら、
ウォータープルーフタイプなのでプールで泳いでも落ちにくいのに、
石鹸で簡単に落とすことができるのでおすすめです。

アロベビー UVクリームなら、100%オーガニックなので
赤ちゃんや子供にも安心して使うことができます。

ただもし、ひどく日焼けしてしまったり
アブやブヨなど虫に刺されてしまった場合には、
適切なアフターケアが大切です。

日焼け後はとにかく肌を冷やしつつ保湿することが大切で、
虫刺されにはムヒなどの抗ヒスタミン剤を塗って、
掻いて虫刺されの症状を悪化させないといけません。

赤ちゃんや子供の場合、特に大人に比べると皮膚の抵抗力が弱いので、
日焼けや虫刺されをきっかけに
とびひや肌の炎症を起こさないように気を付けましょう。

虫除けスプレーと日焼け止めクリームの順番は?

紫外線の強い時期と言えば虫も多い時期でもあります。

森や藪の多い場所でキャンプをする場合や、
プールでも近くに草木が生えているような場所だと、
紫外線たっぷりの日差しをガンガン浴びるだけじゃなくて、
蚊、アブ、ブヨなどの虫も多く発生しがち。

虫除け対策用の虫除けスプレーと、
紫外線対策用の日焼け止めクリームを
一緒に使う必要があるわけですが、
肌に塗る順番は日焼け止めクリームの後に虫除けスプレーです。

虫除けスプレーには虫の嫌がる成分が含まれていますが、
こうした成分は空気中に揮発することで効果を発揮します。

虫除けスプレーをした後に日焼け止めクリームを塗ってしまうと、
肌に蓋をするような状態になるので、虫除け効果が亡くなってしまいます。

逆に、虫除けスプレーの前に日焼け止めクリームを塗ってしまうと、
紫外線対策の効果が薄れるわけではありません。

強いエネルギーを持つ紫外線は
虫除けスプレーの薄い層は簡単に通過するからです。

日焼け止めクリームというのは、紫外線が当たることによって、
紫外線吸収剤・紫外線散乱剤といった成分が反応し、
肌に加わる紫外線のダメージを和らげる仕組みになっています。

虫除けと一緒に日焼け止めを使うと肌への刺激は?

日焼け止めクリームと虫除けスプレー一緒に使うと
肌への負担はどうなるの?というと、
少なくとも刺激が弱くなることはないでしょう。

どちらかというと、
肌への負担が重くなる可能性の方が高いと思われます。

日焼け止めクリームと虫除けスプレーに含まれる成分が、
化学的に反応して肌への刺激を強める可能性はゼロではありません。

そもそも、虫除けスプレーにはディートのように、
虫除け効果は高いけれど肌への刺激が非常に高い成分もあります。

ディート入りの虫除けスプレーや赤ちゃんや子供への使用は制限されているので、
虫除けスプレーはできれば安全なモノを選んだほうが良いでしょう。

虫除け効果のある日焼け止めスプレーやクリーム

日焼け止めクリームと虫除けスプレーを2つ一緒に使うんじゃなくて、
虫除け効果のある日焼け止めクリームを使えば、手間は1回で済むし、
荷物の量も減らせるのでオススメです。

虫除け効果のある日焼け止めスプレーやクリームは、
最近になって種類が増えていて、たとえば、

  • For fam(フォーファム)アウトドアUVミルク
  • アロベビー UVクリーム
  • ママバター UVケアミスト アロマイン

というのがあります。

普段使いするならスプレータイプで手軽に使える
ママバター UVケアミスト アロマインが良いですし、
子供や赤ちゃんには100%オーガニックのアロベビー UVクリームであれば、
肌に余計な刺激を加える心配がありません。

For fam(フォーファム)アウトドアUVミルクは、
ウォータープルーフなのでプールやアウトドアなど、
長時間の外出をする際にオススメです。

For fam(フォーファム)アウトドアUVミルク

顔を含めた全身に使える日焼け止めミルクです。

SPF30・PA+++

乳液タイプですが伸びが良く塗りやすいですし、
サラッとしあがります。

肌への刺激が強い紫外線吸収剤が使われていないので、
赤ちゃんにも安心して使うことができます。

  • 日焼けケア(保湿)
  • 虫除け
  • 日焼け止め

の3つの機能を備えていて、
保湿成分には5種類のセラミドを配合し、
虫除けには100%天然由来の精油(アロマオイル)を使い、
ライム系のすっきりした香りがします。

フォーファムの10gあたりのコストは313円と、
虫除け効果のある日焼け止めクリームの中では、
非常にリーズナブルな価格帯になっています。

アロベビー UVクリーム

赤ちゃんや子どもに安心して使える
虫除け効果のある日焼け止めクリームなら
アロベビー UVクリームがオススメです。

SPF20・PA++

世界的オーガニック基準「エコサート」の認証をうけ、
紫外線吸収剤不使用なのはもちろんのこと、
無添加・無香料・無着色、合成ポリマー、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤
などなど、数々の化学成分は一切不使用。

もちろん、虫除けスプレーに使われがちな
ディートも不使用です。

天然ラベンダー&ローズオイルが虫除け効果を発揮しつつ、
優しくフェミニンな香りが漂います。

ただ、やや重みのある日焼け止めクリームなので、白浮きしやすいのが難点。

アロベビー UVクリームを使う場合は、
少量ずつ手に取って薄く伸ばして重ね塗りするのがポイントです。

今なら30日返金保証でお試しできるキャンペーン中です。

ママバター UVケアミスト アロマイン

スプレーで噴霧できるローションタイプなので、
動き回る子供に急いで吹きかけたり、
急ぎの外出時にもさっと日焼け止め&虫除けができます。

SPF25・PA++

顔と体だけでなく、髪にも使うことができて、
シリコン・紫外線吸収剤・香料・着色料・鉱物油・パラベンなど不使用。

虫が嫌がるシトロネラなどエッセンシャルオイルが配合されていて、
リラックス効果の高い清涼感のある柑橘系ハーブの香りがします。

蚊・アブ、ブヨなどに刺されたら?虫刺されケア方法

どれだけ万全な虫除け対策をしたとしても、
蚊・アブ、ブヨなどの虫刺されを100%防ぐことはできません。

虫に刺された場合のことも考えて、
やはり虫刺され薬も持っていくようにしましょう。

虫刺され薬にはいろんな種類がありますが、
基本的にどの種類を使っても「抗ヒスタミン剤」が入っています。

虫刺されで怖いのは、痛みよりも痒みに負けて何度もひっかいてしまうこと。

患部を掻けば掻くほど痒みは強くなってしまうし、
皮膚組織が破壊されて皮膚に炎症が起こってしまいます。

赤ちゃんや子供の場合、大人がいくら止めてもひっかき続け、
とびひなどの皮膚炎を起こす危険も高くなります。

抗ヒスタミン剤は主にこうしたかゆみや痛みを和らげてくれるもので、
虫刺され薬を塗った後、絆創膏でもしておけば、
虫刺されの症状拡大を抑えやすくなります。

虫除けスプレー+アルファの虫除け対策

虫除けスプレーだけでは虫刺されを完全に抑えることはできないので、
蚊・アブ、ブヨなどに刺されないように、
その他の虫除け対策も必要です。

まず蚊・アブ、ブヨといった虫は、いずれも水辺に発生しやすく、
蚊はさらにちょっとした水たまりにもすぐに発生します。

キャンプでは水辺に安易に近づかないようにすることと、
アブ、ブヨは刺すのではなくて、どちらかというと
皮膚を噛み切るような痛みを感じるので、
痛みを感じたらすぐにその場から離れるようにしましょう。

最近は、虫除け効果のある繊維素材も開発されて、

  • スコーロン
  • インセクトシールド

といった素材が使われた服を着ているだけで、
蚊などの害虫がとまっても、その成分を感知して逃げていくので、
絶対に虫に刺されたくない場合はこうした素材の服を選んでも良いでしょう。

子供であれば、虫除けバンダナを付けている家庭も良く見かけるし、
富士錦 パワー森林香(赤色) は山林で働くプロ御用達の蚊取り線香なので、
森の中でキャンプをするならぜひ持っていきたい虫除けグッズです。

日焼けによるシミ・しわを作らない日焼けケア

日焼けして怖いのは、肌が一時的に赤く腫れてヒリヒリしたり、
黒くなった皮膚が剥がれてかゆくなることじゃなくて、
やっぱりシミやしわ、たるみなどを作ってしまうことですよね。

肌の新陳代謝が活発な10代20代であれば、
夏に日焼けをしても冬には日焼けの影響はほとんどキャンセルされているでしょう。

けれども30代、40代ともなると新陳代謝の低下が顕著になり、
紫外線の影響をキャンセルしきれず、肌に徐々に蓄積するようになります。

肌の老化は年齢と共に絶対に進んでしまうものですが、
実は紫外線が肌の老化を早める大きな要因となっているんです。

紫外線によってダメージを受けた細胞が肌に徐々に増えていくことで、
肌の機能がますます衰えていき、シミやしわ、たるみを作ってしまいます。

シミやしわ、たるみというのは、一度できてしまったら、
放っておいても勝手に治ってくれる可能性は非常に低いです。

時間はかかってしまうものの、
肌を保湿しつつ美白ケアをすることで、
シミやしわ、たるみを改善することはできます。

いわゆるアンチエイジング対策というのは、
力を入れているかどうかで2年後、3年後、5年後といった感じで、
肌の状態に如実に違いが現れてくるものです。

肌に年齢を感じるような場合は間違いなく、
明日とか明後日ではなくて今日からでも
アンチエイジング対策を始めると良いですよ。

アンチエイジング対策におすすめのエイジングケア用品がこれです。

日焼け止めクリーム+アルファの日焼け対策

虫除けスプレーで虫刺されを完全に防止できないように、
日焼け止めクリームだけで紫外線の影響を完全になくすことはできません。

日焼け止めクリームに加えてやっておきたい日焼け対策としては、
まずは、肌の露出をできるだけ減らすことです。

ツバが大き目の帽子をかぶって顔にあたる紫外線の量を減らしたり、
海やプールではラッシュガードをして地肌が見えないようにすると良いです。

水着を着ているときなどは、日焼け止めクリームを2時間に1回は塗り直して、
日焼け止めクリームの効果が途切れないように気を付けましょう。

意外と盲点になるのは、目や唇など、
日焼け止めクリームを塗ることができない部位です。

唇も紫外線の影響でシミができることがあるし、
目が強い紫外線を浴びると眼病の発生リスクが高くなります。

日焼け止めクリームを塗れない部位に関しては、
飲む日焼け止めサプリを併用するのがオススメです。

飲む日焼け止めには、一般的に
植物に多く含まれているポリフェノールが配合されています。

人間とは違って組織を新陳代謝させる機能がない植物は、
ポリフェノールによって紫外線の影響をキャンセルさせているんです。

紫外線を浴びても植物中のポリフェノールが反応して、
細胞にダメージが加わるのを防ぐ仕組みになっているんですが、
飲む日焼け止めではポリフェノールの効果で日焼けから守ってくれるわけです。

飲む日焼け止めは飲んだら30分くらいで効果が現れはじめるし、
日常的に飲み続けることで紫外線の影響を受けにくくなりますよ。、

サプリというと、危険な成分が入っていないか心配かもしれませんが、
ホワイトヴェールという飲む日焼け止めであれば少なくとも、
植物由来の成分が主に使われていて、ほぼ無添加に近いサプリなので、
安心して飲むことができますよ。

子供や赤ちゃんの虫除け・日焼け対策は入念に!

大人に比べると子供や赤ちゃんというのは肌が非常にデリケートです。

子供の肌はいつもプルプルで艶々しているけれど、
大人なら何ともない刺激に負けてしまうほど繊細です。

虫除け・日焼け対策は入念にやっておかないと、
場合によっては肌に一生残るダメージを負いかねません。

ディート入り虫除けスプレーは危険?

薬局に行けば、今は
ディートが使われた虫除けスプレーが目立ちます。

ディートには強力な虫除け効果があり、
確かに虫に刺されることがほとんどありません。

逆にディートの塗り漏れがあった部分だけ、
虫に刺されるようなことが合ったりします。

ディートは優れた虫除け成分ではあるものの、
ただ肌への刺激も非常に強いことで知られています。

子供に関しては、厳しい使用制限があるので、
肌の弱い子供には使わないほうが良さそうです。

少なくとも新生児にはディートは使えません。

赤ちゃんにも使える日焼け止めの選び方

赤ちゃんにも安心して使える日焼け止めを選ぶ基準としては、
紫外線吸収剤が使われていないことが目安になります。

紫外線吸収剤とは、
紫外線のエネルギーを熱に変換してキャンセルしてくれる成分なんですが、
その際、熱の影響で肌に刺激を与えることになります。

赤ちゃんにはあまり紫外線吸収剤が使われた
日焼け止めは使わないほうが良いでしょう。

効果は落ちるものの紫外線散乱剤を使った日焼け止めであれば、
肌への刺激も抑えられるので赤ちゃんでも使うことができます。

乳児湿疹のケア方法

日焼けや虫刺されが悪化して乳児湿疹が起こってしまった場合。

乳児湿疹はとにかく保湿ケアが肝心です。

肌というのは水分をたっぷり含むことで活動が活発化するので、
肌の新陳代謝を促すことができます。

ベビーワセリンなどで保湿しても良いですが、
ワセリンのべたつきを嫌がるようならば、
ファムズベビーという保湿スプレーがオススメです。

スプレーするとすぐにサラッと仕上がりますが、
肌にしっかりと潤いを閉じ込めてくれます。

ファムズベビーは無添加なので肌にさらに刺激を与える心配はないし、
水に濡れてもそう簡単には落ちないので、肌の潤いを長期間キープできます。

一日のうちに何度も塗り直す手間も不要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました