喪中で神社のお札返しは?神棚にお札・お守りを飾ってお札納めは来年の正月の初詣?

喪中は基本的に神社へのお参り(初詣など)は
避けたほうが良いと言われています。

神社では人の死を汚れ(穢れ)として
遠ざける風潮があるとされているからです。

ただ、昨年の分の破魔矢やお札をもらっていて、
そのお礼参りをしたい場合もありますが、
喪中は喪中でも忌中(49日)さえ過ぎえていれば、
お礼をしてもかまわないでしょう。

神社は人の死を穢れとして扱うとはいっても、
別に忌み嫌うわけではないし、
喪中の人が参拝をすることで不幸を振りまくような
心の狭い神様がいるというのも考えにくいものがあります。

忌中が過ぎた忌明けであれば
神社にお礼の参拝をしても良いモノの、
逆に忌中が過ぎる前は神社への参拝は
控えておいた方が良さそうです。

破魔矢など年末年始のタイミングでしか入手できない
お札やお守りがどうしても欲しい場合には、
喪中ではない友人や知人に代理購入をお願いをするのが良いでしょう。

喪中でも忌明けは神社へのお札はOK

以前はなくなった親族と自分の関係によって、
喪中とすべき期間が法律で定められていました。

夫婦、親子、祖父祖母などで喪に服す期間は異なっていましたが、
現代は法律は撤廃されています。

おおむね1年が喪中期間とみなされるようになっています。

喪中は一般的にお祝い事や神社への参拝は
避けたほうが良いと言われているので、
その通りに受け取ってしまうと1年以内は、神社に参拝もいけません。

七五三や結婚式、成人式など、
お祝いイベントにはまるで参加できなくなってしまうわけですが、
実際には、柔軟に解釈をしている人がほとんどです。

以前とは違って、今は別に喪中期間が法律で定められているわけではなく、
あくまでも自分自身の気持ちの整理がついているかどうか?です。

少なくとも忌中(49日の法要)が過ぎた忌明けをしていれば、
お祝い事や神社へのお参りをしても構いません。

忌明けしているのであれば、神社に初詣に行っても
何か罰が当たるようなこともないし、
お札や破魔矢だってもらってきても構いません。

忌中とは?

神道では人の死のことを「穢れ」とされていて、
不浄にモノに触れると神様はその力をなくしてしまう
という考え方があります。

そのため身近な人が亡くなった人は、
神社などへのお参りを避けなければいけないとされていて、

昔は、

  • 門戸を硬く閉じる
  • 酒肉を飲食しない
  • 弔事・祝い事をしない
  • 音曲を鳴らさない
  • 嫁をとらない
  • 財を分けるようなことをしない

などなどの決まりもあったようです

ただ、「穢れ」には別の意味があります。

「穢れ」=「汚れ」という意味だけではなくて、
気が枯れるという意味で「気枯れ」という意味もあるんです。

大切な人を亡くした悲しみで気力をなくしてしまっている状態で、
すごく気落ちしていたら、その気落ちを周囲に移してしまうことを懸念して、
外出をしたり、お祝い事に参加をしたり神社へのお参りするのは、
避けたほうが良いとする考え方もあります。

忌中は49日までとされていますが、それは、
故人が三途の川のほとりに到着する日で、
この世とあの世(此岸と彼岸)の境目を超える日です。

忌中を過ぎて忌明けしてしまうと、
故人の魂はもはやこの世にはないものとされるので、
喪中であっても各種お祝いごとなどに参加をしても、
差し支えはないと考えることができます。

喪中でも厄除けしたり破魔矢をもらってもOK

49日の忌明けの考え方をそのまま適用すると、
喪中であっても忌明け後であれば、
神社やお寺で厄除けしてもらっても構わないし、
破魔矢をもらっても何の問題もありません。

ただ逆に、忌明け前の忌中の場合には、
さすがに神社への参拝や厄除けや避けたほうが良いです。

破魔矢など年末年始じゃなければ手に入りにくい縁起物は、
忌中ではない人に頼んで購入をしてもらうのが良いでしょう。

また厄除けに関しても必ず年始にやる必要はなくて、
1年中いつでも厄除け祈願の受け付けをしているので、
忌明け後に都合の良い日にしてもらうのが良いでしょう。

喪中の神社参拝に関する誤った噂

喪中は神社に参拝しちゃいけないというのは、
必ずしも正しいわけではなくて、
忌中を過ぎた忌明けしていて自分の気持ちの整理がついていれば、
別に神社に参拝をしたり初詣に行っても構いません。

喪中の神社参拝に関する噂で良く耳にすることとして

  • 喪中は初詣に行ってはいけない?
  • 喪中は鳥居をくぐってはいけない?
  • 喪中は賽銭しちゃいけない?
  • 七五三、お宮参り、安産祈願、合格祈願もだめ?

といったものがりますが、
これらに関しても一つずつ解説をしていきます。

喪中は初詣に行ってはいけない?

初詣は神社だけではなく
お寺に行っても良いモノです。

それに仏教の中でも浄土真宗になると、
根本的に喪中や忌中の考え方がないので、
忌中であっても問題なく初詣に行くことができます。

喪中は鳥居をくぐってはいけない?

神社の本殿に行く手間に必ず設置されている鳥居は、
いわば神様の家に入るための門のようなものです。

鳥居にはまた、
邪気・邪霊の侵入を防く結界としての役割もあります。

ケガレのない神聖な空間を保つことが
鳥居の役割になるわけですが、
神様のうちに入るために、
玄関をくぐらないほうが失礼にあたります。

忌中を過ぎていれば堂々と鳥居をくぐって良いモノの、
鳥居の中心は神様が通る道とされているので、
鳥居の端っこを通るようにしましょう。

喪中は賽銭しちゃいけない?

喪中は賽銭できないと言われることもありますが、
それは神社に入ることができないんだから、
賽銭もできるわけがないでしょ、
という話からきているようです。

絶対に賽銭しちゃいけないというわけではなく、
忌明けをしていればいつものように賽銭をしたり、
おみくじを引いても構いません。

七五三、お宮参り、安産祈願、合格祈願もだめ?

喪中では、喪に服すために様々なお祝い事を
避けなければいけないとされているわけですが、
よくよく考えるとお祝い事なのかそうじゃないのかという
線引きは非常にあいまいだったりします。

七五三やお宮参りというのは、
子供のこれまでの成長をお祝いするという意味合いもありますが、
これまでの成長に感謝し今後の成長を神様に
お願いするという意味もあります。

結婚式のように純粋なお祝い事というわけではないので、
七五三、お宮参り、成人式といった儀式には、
忌中を過ぎていれば参加をしても構いません。

また、安産祈願、合格祈願に関しても、
神社に問題なく入っても良いとされる忌明けであれば、
問題なくできると思って良いです。

昨年の初詣のお札をお返しするには?

ちなみに昨年の初詣でもらった
破魔矢やお札・お守りがあるものの、
今年は喪中であり忌中でもあるのでお返しに行けない、
という場合には、方法が2つ考えられます。

まず一つは忌中ではない誰かに
代理で神社にお返しにいてもらうこと。

またはどんど焼きなどに合わせて持っていくか、
もしくはお炊きあげをしてもらうために後日郵送する、
といったやり方になります。

いずれにしても、破魔矢やお札・お守りは、
もらった本人が必ず返しに行かなければいけないわけではないので、
代理の人に頼むか日を改めるのが良いでしょう。

喪中でも忌中の間は半紙で神棚封じをしよう

家の中に神棚を祀っている場合、
忌中の間は半紙で神棚封じをしよう。

昔からの正式なしきたりとしては、
玄関は開け放して玄関や門に忌中の札を貼り、
神棚の正面に白い半紙を貼っていたようですが、
現在は神棚に半紙を貼るだけで構いません。

神棚の正面を隠すようにしめ縄にテープを使って
白い半紙を神棚に貼ります。

忌中の間は神棚に触れる事は許されないので、
神棚の掃除もしてはいけません。

忌明けをしてからお供え物を交換したり、
神棚の掃除をしたりしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました