ミッドソマーあらすじネタバレ!ミッドソマーのペイガニズムとは?

ミッドソマー(Midsommar)とはスウェーデン語で
「夏至祭」という意味を持つ言葉です。

破局寸前だったダニとクリスチャンの2人は親友のマークとジョシュを誘い、
スウェーデンの田舎町に旅行に行くことに。

すると、住民に半ば強引に90年に1度行われ奇祭に参加させられることになります。

その祭りは暴力・狂気・猟奇性に満ちたペイガニズムの儀式で、
4人はしだいに正気を失っていき、背筋の凍る恐怖のどん底に叩き落とされて行きます…

MIDSOMMAR | Official Trailer HD | A24

ミッドソマーの夏至祭とは?

夏至祭とはスウェーデンだけじゃなくてヨーロッパを中心にキリスト教国で広く行われているお祭りで、
夏至(6月21日)または聖ヨハネの日(6月24日)のあたりに行われるケースが多く見られます。

樹木の葉や花で飾った柱を町や村の広場に立て、
その周りを一晩中踊り明かしたり、たき火をたいて飛び越えるといったことをします。

男女の縁結びや占いという側面も持っていたので、
破局がチラチラ見えていてダニとクリスチャンの二人の関係を修復するために、
ミッドソマーを選んだのはごく自然な流れと言えそうですね。

ミッドソマーのペイガニズムの儀式とは

キリスト教が広く普及する前のヨーロッパにみられた
多神教信仰をペイガニズムと言います。

一神教のキリスト教やイスラム教が広まるにつれて、
ペイガニズムを「非キリスト教」と異端視する傾向が強まり、
現代ではペイガニズムは侮蔑語のように扱われている側面もあります。

ただ、自然を基盤にした宗教行為という見方もアリ、
大自然および生きとし生けるもの全てに宿る神性を崇拝するという点では、
日本の神道に似ていると言えるかもしれません。

ただ、ペイガニズムは欧米ではどちらかというと
悪魔崇拝する魔女の存在を肯定する考え方とみなされているため、
日本で言うと神道ではなく危険な思想の新興宗教といったところになりそうです。

実際にペイガニズムでは教えに背いた者を罰するために
「ミッドナイトゲーム」という儀式が存在するようで、
ミッドソマーの設定どおりと言えますね。

ミッドソマーでは毎年行われる夏至祭のタイミングで、
90年に1度、ペイガニズムの儀式を行っていたわけです。

儀式という名の拷問をを経験した人はトラウマとなり、
体に瘢痕(はんこん)ができるとまで言われています。

儀式の内容についてはこちらの記事で詳しく解説されていますが、
閲覧はご注意を。。。

決してやってはいけない。古から伝わる異教の儀式、恐怖のミッドナイトゲーム (2016年6月19日) - エキサイトニュース
自然崇拝や多神教の信仰、ペイガニズムでは、教えに背いた者を罰するための儀式が存在する。「ミッドナイトゲーム」がそれであり、儀式を行った後は精神的恐怖でトラウマとなり、体に瘢痕(はんこん)ができると言わ...
タイトルとURLをコピーしました