香典袋(不祝儀袋)の捨て方・処分方法は?葬式でもらったあとはどんど焼き?取っておく?

香典袋(不祝儀袋)のデザインは、
包んでいる香典の金額が5万円を超えると、
豪華なデザイン・装飾が施されていたりして、
捨てるには惜しい気がしてしまいます。

かといって、香典袋(不祝儀袋)を使いまわしたり、
どこかで再利用するわけにもいかないので、
不要になった香典袋(不祝儀袋)は処分するのが一般的です。

実際に、香典をもらった人に対して香典返しをするために、

  • 名前
  • 住所(連絡先)
  • 香典の金額

を控えたら、香典袋(不祝儀袋)は捨ててしまうという人が大半です。

香典袋はいつどんな風に処分する?

香典袋(不祝儀袋)は香典の金額に合わせて
デザインを選ぶことになっているので、
香典の金額が高くなればなるほど、
香典袋のデザインが豪華になります。

デザインが豪華な包み袋なんて、
普段はあまりもらう機会なんてありませんから、
香典袋をどんな風に処分すれば良いのか、
思わず迷ってしまいますよね。

単純に捨てるのはなんだか心残りを感じるし、
かといって香典袋を使いまわすわけにもいきません。

不要になった香典袋(不祝儀袋)を
いつまでも保管しておく必要や義務もないので、
処分せざるを得ないわけですが、
単純に燃えるごみで出してしまって構いません。

わざわざ、お寺や神社に
不要になった香典袋(不祝儀袋)持って行って、
お炊き上げ・どんど焼きなどをしてもらう必要もありません。

香典袋(不祝儀袋)が「穢れ」とみなされるモノでもないので、
処分する前に塩をふったりする必要もありません。

香典の名前と額を控えたら処分する人が大半

香典袋(不祝儀袋)は基本的に役目を終えたら処分するものですが、
みんな、どんなタイミングで処分しているのかというと、
香典をいただいた人の下記の情報、

  • 名前
  • 住所(連絡先)
  • 香典の金額

を控えて、香典の整理が終わったら捨てるというのが一般的です。

繰り返しになりますが、
香典袋(不祝儀袋)の保管については特にルールやしきたりはなく、
取っておいても何も使うあてがないので、
香典の整理が終わったら、さっさと処分してしまうのが良いですよ。

香典の整理の仕方

香典返しやお礼状を送るためにまとめておく住所録のことを
会葬帳と言います。

会葬帳は通常、受付で弔問客に記入をしてもらい、
同時に香典も受け付けで受け取るものなので、
基本的には会葬帳の内容と香典は一致するはずです。

けれども、弔問客が多くなればなるほど、
名前を書き忘れてしまった弔問客が出てきたり、
逆に会葬帳に名前はあるけれど香典が見当たらない、
といったケースも出てきます。

連絡先が分からない場合には、
親戚や知人・友人を通じて情報を聞きだしたり、
もしくは故人あてに届いている年賀状などを見て、
連絡先を確認してみるのも一つの方法です。

こうしたズレを合わせていくのが香典の整理の目的で、
できれば四十九日(七七日)の法要までには香典の整理を済ませて、
四十九日から2週間以内に香典返しできると良いです。

香典を整理しいていく際には、

  • 名前
  • 住所(連絡先)
  • 香典の金額

の3つの基本情報を記入していきますが、それに加えて
供花や弔電をもらっていたり、受付係を頼んだなど、
特にお世話になった人のことをメモしておくと良いです。

セレモニー博善制作のフリーソフト
エクセルを使用した香典帳・供物帳のフォーマットです。

香典返しの品物や送るタイミング

香典返しを送るタイミングは、
四十九日が終わってから2週間以内に出すのがマナーとされています。

「不祝儀(穢れ)を残さない」という意味を込めて、
「あとに残らないもの」を送るのが通例となっているので、
食べ物・飲み物が香典返しに選ばれるのが多いです。

  • お茶
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 海苔
  • お茶漬け
  • 砂糖

といった感じで、保存がきく食べ物・飲物のほか、

  • 果物
  • 焼き菓子
  • 和菓子

などでも良いです。

逆に食べ物・飲物であっても肉や魚など、
死を連想させる食品は香典返しにはふさわしくないので、
避けたほうが良いです。

慶事に使われることが多いかつお節や昆布も、
香典返しにはあまりふさわしくないとされています。

食べ物・飲物以外だと、
使えばなくなる石けんや洗剤などの消耗品のほか、
タオル、シーツ、毛布も香典返しで選ばれることがあります。

香典返しにカタログギフト・ギフトカードを送るのはあり?

香典返しで何を送ったらよいのか困ってしまったら、
カタログギフト・ギフトカードを送るのも良いでしょう。

visaギフトカードやjtbギフトカードなどの商品券だと、
値段がわかってしまうものの、
挨拶状と共に封筒に入れて郵送するだけで良いので、
香典返しの手間が非常に楽になります。

香典返しの値段を知られるのが嫌なのであれば、
カタログギフトという選択肢もあります。

カタログギフトはたいていは、
3000円、5000円、7000円といった感じで、
金額ごとに選べる商品が違っています。

カタログギフトを送る場合にも、
ネットで注文することができるので、
香典返しの手間が非常に楽になります。

葬儀後にやらなければいけない手続き

葬儀を終えた後、喪主を中心として
遺族がやらなければいけないことはたくさんあります。

少なくとも、下記のような手続きを
葬儀後、できるだけ早いうちに済ませなければいけません。

  • 死亡診断書 
  • 死亡届 
  • 死体火葬許可申請 
  • 遺言書の検認
  • 生命保険の死亡保険金請求
  • 所得税準確定申告、納税
  • 国民健康保険の脱退
  • 年金受給権者死亡届
  • その他年金10日以内
  • 相続税の申告、納税
  • 相続の放棄

このほかにも遺品整理という、
非常に厄介で手間のかかる作業も残っています。

何をどのように処分すればわからないものがゴロゴロと出てくるので、
遺品整理に関しては、一度、その道のプロに相談をしてみると良いですよ。

死亡診断書

死亡後速やかに 病院や自宅など、臨終に立ち会った場所

死亡届

死亡を知った日から7日以内 死亡地、本籍地、住所地のいずれかの市区町村の戸籍・住民登録窓口

死体火葬許可申請

死亡を知った日から7日以内 死亡地、本籍地、住所地のいずれかの市区町村の戸籍・住民登録窓口

遺言書の検認

期限はないが速やかに

生命保険の死亡保険金請求

3年以内 保険会社窓口

所得税準確定申告、納税

4ヶ月以内 住所地の税務署

国民健康保険の脱退

14日以内 市区町村国民健康保険窓口

年金受給権者死亡届

国民年金14日以内

その他年金10日以内

市区町村国民年金窓口

相続税の申告、納税

10ヶ月以内 住所地の税務署

相続の放棄

3ヶ月以内 住所地の家庭裁判所

コメント

タイトルとURLをコピーしました