香典の郵送方法は?お悔やみの手紙(添え書き)や宛名の書き方は?一筆箋の例文は?

通夜・葬式・告別式などの葬儀会場が遠方で、
どうしても弔問するのが難しい場合には、
香典を郵送することはマナー違反ではありません。

現金書留に香典を包んだ香典袋を
喪主宛てに郵送すると良いんですが、
手紙を入れないよりは入れたほうが良いです。

遺族に対してどんな言葉をかけて良いのかわからない、
という心情も理解はできますが、
香典を受け取る遺族側のことを考えると、
形だけの簡単な挨拶でも手紙で一筆添えると良いです。

手紙なしで香典だけを郵送してしまうと、
それこそ、義務的・儀礼的に香典を郵送しているんじゃないか?
という印象を遺族に与えかねません。

香典の手紙に添える手紙の内容は、
気の利いたフレーズを考える必要は一切なくて、

このたびはお悔やみ申し上げます。
突然の訃報に驚いております。心中お察しいたします。
御霊前にお供えいただきたく存じます。

といった、良く見かける例文そのままでも構いません。

香典の郵送はマナー違反?

故人の葬儀が行われる会場が遠方で、
どうしても参列するのが難しい場合には、
香典を郵送するのは失礼には当たりません。

葬儀に参列するのが一番良いのは当然ですが、
体調がすぐれないなどの理由で参列するのが
難しいケースはいくらでも考えられます。

香典の郵送は決してマナー違反じゃないし、
そもそも葬儀に参列できない代わりに弔電を送る
という手段も一般的ですからね。

ただし、香典を郵送をするにあたっては、
訃報を聞いたらすぐに送るようにしましょう。

・香典を郵送するタイミングはできるだけ早く

香典を郵送するタイミングは、
早ければ早いに越したことはありません。

できれば初七日のうちに香典は郵送をしておきたいし、
遅くとも四十九日までには喪主のもとに香典が届くようにしたいところです。

香典の由来からひも解いて考えていくと、
香典はもともと「お香」からきています。

お香や線香の煙はあの世とこの世を結ぶものとされ、

煙に「想い」を乗せて故人へ届ける
煙を道しるべに故人の魂があの世(彼岸)へ行ける

という意味合いがあります。

初七日は三途の川に到着する人されていて、
四十九日は三途の川を渡って彼岸に行くとされていることから、
四十九日までには香典を渡すのが良いと考えられます。

ただ現代ではどちらかというと、
葬儀費用の相互扶助という考え方の方も強いので、
四十九日が過ぎてしまったとしても、
香典を送って失礼に当たるとかマナー違反にはなりません。

香典の郵送は普通郵便ではなく現金書留

香典といえば当然、香典袋(不祝儀袋)にお札(現金)を入れるわけですが、
日本の法律では現金を郵送する際には現金書留で送らなければいけません。

宅配便やゆうパックなどで香典を送ることは
禁止されているので気を付けるようにしましょう。

郵便局で「現金書留をお願いします」と伝えると、
現金書留専用封筒を用意してくれます。

現金書留専用封筒は通常の封筒よりも、
一回りくらい大きなサイズの封筒になっているので、
一般的な香典袋の封筒サイズを納めることができます。

香典の郵送先は喪主の住所

香典の郵送先は、告別式会場や火葬場などではなく、
喪主の住所に送るようにしましょう。

告別式会場には必ずしも遺族や葬儀関係者がいるわけではないし、
火葬場にも遺族が長くとどまっているわけでもありません。

喪主の住所以外だと、香典が届かない恐れもあるので、
喪主の住所に郵送するのが基本です。

香典の郵送費用総額はいくらくらい?

香典を現金書留で郵送する場合の費用は、

  • 現金書留専用封筒自体の値段が21円
  • 郵便料金 ※香典袋のサイズによって異なる
  • 書留料金 ※香典の金額によって異なる

という3つの料金の合算となります。

現金書留専用封筒には
大小2種類の大きさが用意されているものの、
値段は変わりありません。

ただ、

  • 小さい方(約119×197mm、約8.5g)は定形郵便物
  • 大きい方(約142×215mm、約10.7g)は定形外郵便物

といった感じで扱いが変わり、「郵便料金」もそれぞれ異なります。

定形郵便物の場合、
郵便料金は82円もしくは92円。

定形外郵便物の場合だと、
郵便料金は120円~570円となります。

郵便料金は重量によって変わってくるものの、
香典袋にお札を入れる分には、大した重さにはならないので、
定形郵便物に収まる香典袋を選ぶようにすれば、
郵便料金は92円で済むと考えて良いでしょう。

書留料金は基本料金が1万円までで430円となっていて、
そこから1万円増えるたびに10円が加算されていきます。

以上のことから、香典に5000円を包んで
郵送する場合の郵送費用の合計は、

  • 現金書留専用封筒 21円
  • 郵便料金 92円
  • 書留料金 430円

合計543円

香典に3万円を包んで
郵送する場合の郵送費用の合計は、

  • 現金書留専用封筒 21円
  • 郵便料金 92円
  • 書留料金 450円 ※20円加算

合計563円

程度が目安になります。

現金書留とは?

書留とは、郵便物の引き受けから郵送先までの配達過程が記録に残り、
万一、郵便物が壊れたり、届かなかった場合には、
損害要償額の範囲内で、実損額を賠償してくれる郵送方法になります。

現金書留とは個人が現金そのものを直接送る専用の書留で、
万が一の際には、在中金額の範囲内で最高50万円まで保障してもらえます。

郵便局窓口で手続きすると
現金書留の控えと領収証書を発行してもらえます。

香典の郵送に使う封筒デザインや表書きの書き方など

香典袋はコンビニなどで売っている
不祝儀袋を選ぶようにすれば間違いありません。

自前で香典袋を選びたいのであれば、
派手なデザインや封筒を使いまわしするようなことは避け、
白無地もしくはグレー・すみれ色・深緑色などの
落ち着いた配色の封筒を使うようにしましょう。

表書きには、仏教・神道・キリスト教などの宗教によって異なるし、
仏教でも宗派(浄土真宗や浄土宗など)によって変わってくるのですが、
「ご香典」としておくのが無難です。

相手が無宗教だったり浄土真宗の場合には
「ご霊前」でも良いですし、
神道なら「御玉串料」という表書きでも良いです。

キリスト教徒の場合は「御花料」というのも使えます。

表書きのインクは黒ではなく「薄墨」(黒を少し薄めた色)で、
筆で書くのが良いとされているものの、
用意するのが現代ではなかなか難しいものがあります。

できれば市販の筆ペンを使って書きたいところですが、
用意が大変そうならば黒のペンで書いても構いません。

香典と一緒に郵送する手紙の例文テンプレート

香典郵送するのであれば、
必ずしも手紙を添える必要はありません。

どんな言葉をかけたら良いのかわからない
あまりの悲しみと驚きで言葉が見つからない

という思いを抱いているかもしれませんが、
形だけでも手紙で挨拶をしておいたほうが角は立たないでしょう。

手紙のないまま香典だけ郵送をしてしまうと、
遺族側がそれこそ、形式的・義務的に
香典を送りつけられているような印象を持ってしまいかねないので、
一筆でも良いので手紙でお悔やみの言葉を添えるのが良いです。

避けたほうが良い言葉

香典と一緒に郵送する手紙には、
避けたほうが良い言葉というのがあります。

「ご冥福をお祈り申し上げます」

という言葉も良く耳に死なすが、「冥福」という言葉は、
キリスト教・神道・浄土真宗ではNGとされています。

同じく「成仏」「供養」「往生」「合掌」なども
キリスト教や神道では使わないので、
相手の宗教がわからない場合には、使わないようにするのが無難です。

「拝啓」「謹啓」や時候の挨拶といった
手紙で良く見られる頭語も、
お悔やみの言葉を述べる手紙にはふさわしくありません。

他にも忌み言葉や重ね言葉も避ける必要があるので、
香典と一緒に郵送する手紙の内容は、
自分でゼロから考えるよりも例文テンプレートをもとに
考えるのをおすすめします。

故人の敬称について

香典に添える手紙で故人に触れる場合、
香典を送る相手(喪主)との関係に照らし合わせて
独特の敬称をします。

  • 祖父 → ご祖父様、祖父君(おじぎみ)
  • 祖母 → ご祖母様、祖母君(おばぎみ)
  • 父 → ご尊父様、お父上様、ご亡父様、ご先代
  • 母 → ご母堂様、お母様、お母上様、ご亡母様
  • 夫の父 → お舅様、お父上様、
  • 妻の父 → ご外父様、ご岳父様、父上様
  • 夫の母 → お姑様、お母上様、お母様
  • 妻の母 → ご外母様、お母様、母上様
  • 夫 → ご主人様、旦那様
  • 妻 → ご令室様、奥様
  • 息子 → ご令息様、ご子息様
  • 娘 → ご令嬢様、お嬢さま、ご息女様
  • 兄・義兄 → 兄上様、ご令兄、お兄様
  • 弟・義弟 → ご弟様、ご令弟、弟様
  • 姉:義姉 → 姉上様、ご令姉、お姉様
  • 妹:義妹 → お妹様、ご令妹、妹様

手紙よりも一筆箋がおすすめ

手紙といっても別に長い文章をしたためる必要はありません。

一筆箋と言って、2~3行程度が書ける程度の
小さな便箋(短冊)もあります。

一筆箋だと、長い文章を書かなくても違和感はないので、
香典と一緒に郵送する手紙にはオススメです。

一筆箋に書くお悔やみの言葉としては、

このたびは○○様の突然の悲報に、ただただ驚くばかりです。
○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
謹んで○○様のご冥福をお祈りいたします。
○○様のご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。

といった文例を使うと良いです。

香典に添える手紙の例文テンプレート

・ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

・ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。

・いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

・○○様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。遥かにご冥福をお祈りいたします。

・○○様のご訃報に接し、心より哀悼の意を表します。ご家族皆様方のお悲しみをお察し申しあげますとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

○○様のご訃報に接し、謹んでご冥福をお祈りいたします。お力落としのことと存じますが、くれぐれも気持ちを強く持ってご自愛ください。心よりお悔やみ申し上げます。

ご母堂様の訃報に接し、ただ驚いております。◆◆さんのお気持ちを思うと胸がつぶれる思いがいたします。まずは略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げます。

・ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。ご冥福をお祈りいたします。

このたびの○○様の訃報に際し、大変驚いております。本来であればすぐにでもお伺いしお悔やみを申し上げたいところですが、遠方のためままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げます。

この度は○○様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。本来であればすぐに駆けつけるべきでしたが、あいにく遠方のため伺えないご無礼をお許しください。 同封のもの、心ばかりですが○○様の御霊前にお供えください。

・○○様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。ご家族の皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈り申し上げております。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

◯◯様の突然の訃報に接し、言葉を失っています。本来であればすぐにでもかけつけてお悔やみを申し上げたいところですが、やむをえない事情によりお伺いすることができずまことに申し訳ございません。まずは略儀ながら書中をもちまして御冥福をお祈り申し上げます。

このたびは、○○様ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情によりすぐに参上できず申し訳ございません。失礼ながら、心ばかりのご香料を同封いたしましたので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。

このたびは、ご尊父様ご逝去の報を受け、心からお悔やみ申し上げます。かねてよりご療養中とは存じておりましたが、ただただ呆然とするばかりです。本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情によりすぐに参上できず申し訳ございません。略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました