香典(友人の親)の相場や書き方は連名・手紙・表書きやお金の入れ方・のし・水引の色は?中袋なしの金額は裏側?

友人の親が亡くなって香典を持っていく場合、
香典の相場は1人3000円程度です。

1つの香典に2名以上で連名にするのであれば、
人数にもよりますが1人2000円でも構いません。

また香典を渡すタイミングは通夜もしくは告別式の
どちらか1回持っていけばOKで、
葬儀に参加をするたびに香典を持っていく必要はありません。

手ぶらで葬儀に参加するのを避けたいのであれば、
お供え物(お線香や果物など)を持っていくと良いです。

ただ、訃報を聞いたものの、
遠距離で通夜や告別式に間に合いそうにない場合には、
香典を郵送で送ってもマナー違反ではありません。

郵便局に行って現金書留扱いで、
お金を入れた香典袋(不祝儀袋)を
喪主宛てに贈るようにしましょう。

香典を郵送する場合、
香典だけだとそっけない印象を与えてしまう可能性があるので、
一筆箋で良いので手紙も添えるようにして、
友達遺族の気持ちをねぎらうようにしましょう。

香典は通夜?葬式?告別式?

故人の葬儀は仏教形式だと一般的には、

  • 通夜
  • 葬式
  • 告別式

の3回に分けて行われるものです。

葬儀に参加する側としては、
3回すべてに足を運ばなければいけないのかというと、
どれか1つに参加をすればOKです。

葬儀に2回参加するとしても、
たとえば通夜と告別式に参加したとしても、
香典を渡すのは1回だけでOKです。

通夜で香典を渡したのであれば告別式で香典を持っていく必要はないし、
告別式で香典を渡すつもりなのであれば、
通夜に香典を持っていく必要はありません。

ただ、たいていの人は香典など何かしらを持参していくので、
香典を持っていかない場合には、
お供え物を持っていくのが良いかもしれません。

一般的なお供え物としては、

  • お線香
  • 食べ物(果物など)
  • 故人が好きだったもの

といったものがあります。

香典を渡すタイミング

香典を渡すタイミングは、
受け付けが設置されていれば受付係りの人に渡します。

受け付けでまずは簡単に、

「ご愁傷様です」
「心からお悔み申し上げます」

といった感じでお悔やみの言葉を伝えた後、
香典を受付係の人に渡します。

葬儀で受け付けが設置されていると芳名帳(芳名カード)
も用意されていると思いますので、
自分の住所・氏名を記入したら、
葬儀会場に進んでいきます。

それに対して受付が設置されていなかった場合には、
案内してもらった遺族の方に簡単な挨拶をするとともに
香典を渡すと良いです。

香典を渡す際の挨拶の言葉

香典を渡す際に良く使われるお悔やみの言葉としては、

「心からお悔み申し上げます」
「胸中お察しいたします」
「この度はご愁傷様です。」
「どうぞお気を落とされませんように」
「この度は御愁傷様です。突然のことで驚いております。心からお悔やみ申し上げます。

といったもののほかにも、友人の親のように、
比較的に身近な人の場合には、

「残念だったね。」
「大変だったね。」
「無理しすぎないでね」
「何かできることがあったら言ってね。」
「今は大変だと思うけど、落ち着いたらゆっくり休んでね」
「こんな時、なんて声をかけたら良いのかわからないけど、辛いときはいつでも連絡してね。」
「いろいろと大変だと思うけど、自分にできることがあれば協力するから何でも言ってね。」
「まずは、お悔み申し上げます。無理しないで自分の体も気遣ってね。」
「辛かったらいつでも連絡してきてね。落ち着いたら声かけてね。」

といった挨拶の言葉もあります。

気を付けなければいけないのは、

  • 頑張ってね
  • 気を落とさないで

など、相手を励ますつもりでも
相手に奮起を促すような言葉を避けることです。

友人の親の香典の金額の相場は?

香典の金額には相場があるようで存在していません。

だいたいこのくらいかな?といった目安がある程度で、
多少は少なくても、遺族や友人に対して失礼になったり、
マナー違反にあたることはありません。

友人の親の香典の金額はいくらが良いのかというと、
生前に友人の親との交流の深さや自分の年齢によって変わるものの、
おおむね

3000円~5000円

くらいを見ておくと良いです。

20代~30代であれば3000円で良いですし、
40代以降は5000円を目安にすると良いです。

他にも親しい友人が通夜・葬儀・告別式に参加するのであれば、
みんなで金額を相談して香典に包むと良いでしょう。

もちろん、友人の親に生前は非常にお世話になっていて、
感謝の気持ちを表したいのであれば、1万円とか包んでも良いモノの、
あまり大きな金額を香典で渡すと遺族の方が困ってしまいます。

香典返しの用意に苦慮することもあるので、
あらかじめ「香典返しは不要です」と伝えておくか、もしくは、
香典とは別にお供え物を持参するも良いです。

偶数(四など数字)はできるだけ避ける

地域によっては葬儀・告別式のあとに会食が行われることがあり、
会食にも参加する場合には別途費用を負担しなければいけないことがあります。

ただいずれにしても、香典に包む金額は、
慣習的に偶数を避けたほうが良いと言われています。

その点から考えても香典を1人で包む場合には、
3000円か5000円かのどちらかにするのが良いでしょう。

友人の親との関係がそれほど深くなければ3000円で良いですし、
生前に交流が合ったり、自分の年齢も若いとは言えない年代出れば、
5000円を包むのがスマートです。

香典ののし・熨斗袋の選び方・表書きの書き方

「のし」は慶事一般の贈り物に付けるものなので、
香典にはのしを付けません。

コンビニなどで販売されている香典袋(熨斗袋・不祝儀袋)にも、
のしが印刷されていないものが並んでいるはずです。

熨斗袋は白黒の結び切りの「水引」が
印刷されたものを選ぶのが無難です。

「水引」が独立している豪華な熨斗袋もありますが、
中身の金額と熨斗袋のランクを合わせる必要があるため、
3000円や5000円を包む程度であれば、
一般的な熨斗袋を使うのが良いです。

香典の表書きの書き方

水引の下、熨斗袋の中央付近に、
表書きとして自分の名前を記入します。

表書きは悲しみを表現するために薄墨の筆で書くこととされていますが、
薄墨や筆を用意するのがどうしても難しい場合には、
筆ペンを使ったり、黒の太いペンで書いても構いません。

また、香典袋に中袋(中包み)もあった場合、
中袋(中包み)の裏面にも自分の名前と住所を記入し、
表面には包んだ金額を記入します。

遺族としては、香典袋と中袋(中包み)が別々だと、
誰からいくらをもらったのかを把握しにくことがあります。

遺族が後で香典返しを送るためにも、
多少の面倒はありますが香典袋と中袋(中包み)の両方に
名前や住所、金額を書くようにしましょう。

お金(お札)の入れ方・向き

お金(お札)は新札を使うと、
「葬儀の準備をしていたようだ」という印象を与えかねないので、
使い古しのお札を使うようにします。

ただ一般的には新札にあえて折り目を付ける人が多いです。

お札には表面・裏面というのがあり、
人物が印刷されている方が表面にあたります。

香典袋の表面とお札の表面が一致する向きに、
お札を入れるようにしましょう。

香典を連名(有志一同)で渡す場合は?

香典を連名(有志一同)を出すことには何の問題もありません。

たとえば、表書きを

  • ○○小学校同級生一同
  • ○○クラブ一同
  • 代表者名一同

といった感じにして香典を出すことができます。

ただもちろん、通夜・葬儀・告別式に出席できるのであれば、
できるだけ連名ではなく各自で香典を持っていくのが良いでしょう。

香典を連名で出すのは、夫婦で葬儀に出席するとか、
葬儀にどうしても参加できない人がいる場合に、
代表に代わりに出席してもらうといったケースになります。

香典を連名(有志一同)で出すのであれば、
中袋にはきちんと有志一同全員の氏名と住所を書くようにしましょう。

中袋がない場合やもしくは、人数が多くて中袋ではスペースが足りない場合、
別途、名前リストを一緒に同封すると良いです。

香典を郵送する場合には?

香典を郵送するのであれば、
友人が喪主ではなかったとしても、
送り先は喪主にしましょう。

火葬場や葬儀会場に香典を送ろうとする人もいますが、
人の出入りが多くて必ずしも遺族が香典を受け取れるとは限らないので、
やはり送り先は喪主にしたほうが良いです。

日本の法律では現金を送る場合には
現金書留を利用するルールになっているので、
香典袋を用意してお金を入れた後、
郵便局で現金書留として送ってもらいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました