香典中袋の入れ方は?書き方はボールペン?薄墨?五千円・三千円の金額は書かない?書く?のり付けする?

香典袋(不祝儀袋)を開いてみると中包みもあった場合、
中包みへのお金の包み方はというと、
中袋の表面とお札の表面を合わせるのが正解です。

お札の表面とは人物が描かれている方で、
中袋の表面とは折り目がなく金額を書く方になります。

そして、お札を入れた中袋の表面と、
香典袋の表面がそろうように中袋を香典袋に入れるのが
正式な中袋の包み方とされています。

包んだ金額を中袋の表面に書く場合には、
薄墨の筆で書くのが良いとされているものの、
用意するのが大変であれば、筆ペンもしくは太いペンでも構いません。

また、香典袋を持っていくのは1回だけで良いので、
通夜・葬儀・告別式など2回以上参加するような場合には、
香典に代わってお線香などのお供え物を持っていくと良いでしょう

香典袋の中袋の包み方

購入した香典袋には、最初から中袋が
正しい向き・方向で封入されているはずです。

なので、購入した状態をしっかり覚えておくか
写真などで記録しておくと良いんですが、
最初の中袋の包み方がどうだったか忘れてしまった場合、
香典袋・中袋・お札の表面を合わせるように気を付けましょう。

まず中袋にお札を入れる時、
お札の表面は人物が描かれている方になります。

  • 千円札 野口英世
  • 五千円札 樋口一葉
  • 一万円札 福澤諭吉
  • 二千円札 紫式部

となっていますね。

中袋の表面は金額を記入する方で、
折り目や封印のない方になります。

中袋・お札の表面を合わせるようにして、
最後に中袋と香典袋の表面を同じ向きになるように入れます。

中袋の封印の仕方

中袋は封筒タイプでノリやテープで封印できるものや、
中包みと言って1枚の紙で出来上がっているものもあります。

いずれにしても、中袋はあまり頑丈に封印しないほうが良いでしょう。

遺族側が、誰からどのくらいの金額の香典をもらったのか?を確かめて、
記録に残していく際、きつく封印をしていると、
お金を取り出すのに余計な苦労をすることになります。

出し入れの手間を考えて、
中袋はわざわざノリで封印するようなことはせず、
すぐに開け閉めできるような状態にしておくほうが良いでしょう。

中袋のない不祝儀袋の場合

たまに中袋を上包みの裏に挟んでしまう人がいますが、
正式な中袋の包み方とはいけません。

中袋は上包みの中に入れなければいけないものの、
用意した香典袋にそもそも中袋がないケースもあります。

コンビニなどで購入できる水引が印刷された簡単な香典袋だと
中袋がないケースが多く見られますが、
この場合、お札をそのまま香典袋に入れても良いものの、
できれば自前で中袋を用意するのが良いです。

中袋のない香典袋にお札をそのまま入れる場合、
香典袋の裏側に包んだ金額を記入するようにしましょう。

中袋を自分で用意する場合には、
コピー用紙などを使って簡単な中包みの代用品を作ります。

香典袋に収まるようにコピー用紙でお札を包み、
折り目を隠した表面の方に金額を記入しましょう。

また、中袋の裏側に自分の名前を書くことも
忘れないように気を付けましょう。

中袋の書き方(金額や氏名など)

中袋は、ただお金を入れるための袋ではありません。

香典袋にも水引の下に名前を書くものの、
中袋にも名前を書かなければいけないし、
包んだお金の金額も中袋に書くのが正式とされています。

中袋の表面とされる方に金額を、
中袋の裏面とされる方に氏名を記入しますが、
薄墨の筆で書くのが正式とされています。

※真っ黒ではなく薄墨にすることで、
 悲しみを表現させてると言われています。

ただ、現代では薄墨に相当する「色」を用意するのが難しかったり、
筆を使う機会なんてほとんどないと思います。

そこで、可能ならば筆ペンで代用しても良いですし、
用意する時間がどうしてもなければ、
黒の太いペンでも構いません。

金額を書く際の自体は旧字体が正式とされています。

  • 円 → 圓
  • 一 → 壱
  • 二 → 弐
  • 三 → 参
  • 五 → 伍
  • 十 → 拾
  • 二十 → 弐拾
  • 百 → 陌
  • 千 → 阡
  • 万 → 萬

といった漢字を使います。

連名(有志一同)で香典を渡す場合

香典は基本的に1人が1つ用意します。

けれども、どうしても用事があって葬儀に参加できない場合など、
連名で香典を持っていくのはマナー違反ではありません。

夫婦で葬儀に参加する際も連名にするのが一般的ですが、
連名が許されるのは3人以下がマナーです。

3人までであれば、香典袋の表面(水引の下)に、
3人の名前を列挙しても構いません。

けれども、4人以上になる場合には、
「○○一同」といった感じでまとめるのが良いです。

そして、有志一同とした場合には、
中袋にはお札と一緒にきちんと
各個人の名前と金額をまとめた紙を挟んでおきましょう。

遺族が香典返しを用意する際、
香典の金額をまとめる際に必要な情報になりますし、
逆に香典返しが不要ということであれば、
「香典返しは不要でです」と一筆書いたメモも挟むようにしましょう。

中袋のお札の向きは表面を合わせる

中袋の表面とお札の表面を合わせるのと同じように、
中袋とお札の向き(上下)も合わせるのが正式とされています。

縦にしたときに左側の金額が書かれている方が「上」で、
右側の人物の描かれている方が「下」とされています。

中袋からお札を取り出した際、すぐに人物が見える向きに
中袋に包むようにしましょう。

また、お札は新札を使うのは避けたほうが良いモノの、
使い古したお金を入れるのも少し気が引けるものがあります。

そこで、あえて新札を折り曲げて折り目を作ってから、
中袋に包むやり方もあります。

香典を渡す日やタイミングは?

葬儀は一般的には通夜・葬式・告別式
という3つの儀式が執り行われます。

他にも49日の法要などもありますが、
香典はいつ持っていけばよいのかというと、
どのタイミングでも構わないし、
香典を持っていく回数も1回で構いません。

東日本では通夜に渡すことが多いと言われていて、
西日本では葬式・告別式のどちらかに渡すのが一般的と言われていますが、
地域の風習に従うの良いでしょう。

通夜・葬式・告別式はすべてに参加する必要はなく、
どれか1つに参加すれば良いですし、
もし2回以上、葬儀に参列するのであれば、
香典とは別に線香などのお供え物を持っていくと良いでしょう。

葬儀のお供え物に適しているのは、

  • 線香
  • 仏花(ヒガンバナなど)
  • 食べ物(果物など)
  • 故人が好きだったもの

といったものがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました