ジェームズ・ボンド後継者の黒人女性って誰?新007のラシャーナ・リンチ出演作品は?

007は1962年に第一作が公開されてから2019年57年目を迎えました。

ジェームズ・ボンドにはこれまでに、

  • ショーン・コネリー
  • ジョージ・レーゼンビー
  • ロジャー・ムーア
  • ティモシー・ダルトン
  • ピアース・ブロスナン
  • ダニエル・クレイグ

といった時代を代表する俳優が起用されてきましたが、
現在の007でジェームス・ボンド役を務めるダニエル・クレイグが、
2020年公開のシリーズ最新作『Bond 25』で卒業。

ダニエル・クレイグの後継者は誰になるのか?気になるところですが、
黒人女性が起用される可能性が出てきて、海外でもかなり話題になっているようです。

ジェームズ・ボンド後継者の黒人女性って誰?

ジェームズ・ボンドが主役の007には原作があって
イアン・フレミングという人の小説が元になっているんですね。

ジェームズ・ボンドはイギリスMI6所属の諜報員で、
007というコードネームを持ているわけですが、
最新作では現役のジェームス・ボンド役を務めるダニエル・クレイグが、
ジャマイカで余生を過ごしているところから話したスタート。

ここでどうやら主役が交代するらしいのですが、
注目の黒人女性は誰なのかというと、ラシャーナ・リンチさんのことのようです。

新007のラシャーナ・リンチ出演作品は?

007と言えばジェームスボンドの恋人役としてボンドガールが登場してきましたが、
最新作ではまさかの主役交代で女性が主人公を担うことに。

これからは”ボンドウーマン”と呼びましょう」とのお達しもあったようですが、
ラシャーナ・リンチさんは日本公開されている映画でhが
キャプテンマーベルにマリア・ランボー役として出演しています。

どちらかというとドラマ出演の方が多いので、
007でラシャーナ・リンチを初めてを見る人がほとんどじゃないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました