法事の食事代(御膳料)ののし・表書きは?封筒の書き方や金額の相場は?

法事でお坊さんに食事代(御膳料)としてお金を渡す場合、
熨斗袋に入れるのが一般常識です。

法事の食事代(御膳料)の相場は
5000円~10000円程度で、
熨斗袋の表書きには漢字で上部に「御膳料」と書きます。

食事代(御膳料)は香典のように不祝儀というわけではないので、
表書きの字は薄墨で弔意を示す必要はありません。

また、包むお札は新札を使うのがマナーとされていて、
食事代(御膳料)以外にも用意するお布施・お車代とは、
別の封筒にお金を入れるようにしましょう。

食事代(御膳料)を渡すタイミングは葬儀が始まる前でも、
葬儀が終わった後でもどちらでも良いですが、
お盆の上に乗せて渡すのがマナーとされています。

法事の食事代の表書きは御膳料

法事の食事代は正式には御膳料と言います。

お斎や精進落としなど、
法事の後の会食(食事会)を省略したときや、
僧侶が法要の後の食事を辞退したときに
食事代(御膳料)としてお金を渡します。

お経をあげてくれたお坊さんに
食事代(御膳料)として熨斗袋にお金を包んで渡す場合、
表書きには当然、「御膳料」と書きます

水引の上の方に「御膳料」と書き、
その下には喪主の名前(フルネーム)かもしくは、
「○○家(喪家名)」と書きます。

法事の食事代の表書きとして「寸志」はどうなの?
と思うかもしれませんが、寸志とは本来は
目上の人が目下の人に対してお金を渡す際に使われるものです。

法事の会食(食事会)の意味を考えると、
お坊さんに渡す場合には寸志はふさわしくないですね。

中袋のある熨斗袋の場合には、
中袋にの表面に包んだお金の金額を書き、
中袋の裏面に住所や電話番号などの連絡先を記入。

もし中袋がなければ、熨斗袋の裏面に
住所や電話番号、食事代として包んだ金額を記入しましょう。

食事代(御膳料)を包む袋・封筒は香典袋?ご祝儀袋?

お布施のお金を包む封筒は、
コンビニや100均、文房具店などで売っている
「お布施」と印刷された封筒かもしくは、
不祝儀袋を使えば問題ありません。

では食事代(御膳料)はどんな封筒・袋が良いのかというと、
白無地で郵便番号欄が印刷されていない封筒・袋が良いとされています。

蓮の花が印刷されている封筒もありますが、
蓮の花の絵柄は不祝儀袋に描かれるものです。

食事代はお坊さんへのお礼として渡すお金なので、
弔事にはふさわしくないとされています。

法事の食事代(御膳料)を渡すタイミング

法事の食事代(御膳料)は
お坊さんにいつどんなタイミングで渡すと良いのかというと、
特に決まりはないようです。

葬儀の前に渡しても、
葬儀の後に渡してもどちらでも構いません。

お坊さんがあらかじめ
会食(食事会)には参加しないことがわかっている場合には、
葬儀の式が始まる前に、お坊さんに挨拶するタイミングで、
お布施と一緒にを渡すことが多いようです。

もしくは葬儀社にお寺の手配をお願いし手いるのであれば、
葬儀社の人に食事代(御膳料)を渡すタイミングを作ってもらうのが良いです。

食事代(御膳料)を渡す際の挨拶

食事代(御膳料)を葬儀の前に渡す場合、
お布施と一緒に渡すことになるので、
お布施を渡すときの挨拶をすれば良いです。

一般的には、

今日は◯◯のためにお勤めよろしくお願いします。

本日は父の◯◯のためのお勤めをよろしくお願いします。些少ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。

といった挨拶とともに、お布施やお車代、食事代(御膳料)を渡します。

葬儀が終わってすでに
お布施を渡してしまった後に食事代(御膳料)を渡す場合には、

本日は、父の◯◯の葬儀に際し、お心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました。

といった挨拶と共に食事代(御膳料)を渡すと良いです。

法事の食事代(御膳料)の金額相場は?

お斎や精進落としなど、
法事の後の会食というのは
一人ひとり御膳を整えるのが一般的です。

お通夜の後の不特定多数の参列者用に準備する
通夜振る舞いの食事とは趣が違っているのが特徴です。

そのため、法事の食事代(御膳料)として、
金額はいくらが相場なのかというと、
5000円~10000円といった感じのようです。

お布施・御膳料・御車料は別々に渡す!

葬儀でお坊さんに渡すお金には、

  • お布施
  • 御膳料
  • 御車料

の3つがあります。

※お坊さんが会食にも参加する場合はお布施と御車料の2つ

お布施・御膳料・御車料は、
全てお金を渡すことになり、中身は一緒になるので、
一つの封筒・袋にまとめてお坊さんに渡しても良さそうですが、
お布施・御膳料・御車料は別々に渡すのが一般常識です。

お布施・御膳料・御車料のそれぞれに封筒を用意して、
それぞれに「お布施」「御膳料」「御車料」と
表書きをしなければいけません。

会場でお寺を借りた場合はお席料も

お斎や精進落としなどの会場として、
葬儀場の会場やホテルのホールなどではなく、
お寺を借りた場合にはお席料も渡すようにしましょう。

金額は3000円~5000円程度といった感じで、
封筒の表書きは「御席料」としましょう。

お札は新札を使う

香典に包むお金に新札を使ってしまうと、
あらかじめ亡くなることを予想していたとか、
死を期待していたような印象を持たれかねないので、
新札は折り目を作るか、使い古しのお金を使います。

それに対して、法事でお坊さんに渡すお金というのは、
新札を使うべきとされています。

お経をあげてくれたお礼として渡すお金なので、
わざわざ新札に折り目を付ける必要はありません。

お布施・御車料の金額相場は?

お布施の金額はいくらが相場なのかというと、
お通夜から葬式、告別式で読経をしてもらい、
戒名もお願いしたような場合には、
15万円~35万円くらいと言われています。

金額に非常に幅がありますが、
適切な金額をお坊さんに聞くわけにもいかないので、
葬儀会社の人にお布施の相場を確認するのが良いでしょう。

その他、四十九日や新盆(初盆)、一周忌、三回忌など、
一般的な法事・法要の場合には、
30000円程度が相場と言われています。

お布施のお金は先に半紙で包み、
その上から奉書紙で包むようにします。

慶事での奉書紙の折り方は
上側の折り返しに下側をかぶせるようにします。

御車料は御足労頂いた手間賃

御車料はお坊さんにわざわざ足を運んでもらった
手間賃として渡すお金になります。

つまり手間賃といったお金になるので、
金額は距離には関係なく3千円~1万円程度が相場とされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました