40代におすすめの日焼け止めランキング!化粧下地・BBクリームも40代の紫外線対策に効果的

肌の新陳代謝のスピードが遅くなっている40代では、
紫外線による日焼け対策には力を入れなければいけません。

肌の老化は年齢によって進んでしまうものの、
年齢以外では紫外線による影響が肌の老化を大幅に進める要因となっていて、
「光老化」とも呼ばれています。

紫外線の怖いところは、ダメージが肌に徐々に蓄積されてしまい、
ダメージが一定水準を超えると一気にシミやしわといった
肌トラブルが目立つようになること。

紫外線によってコラーゲンなどの肌の保湿成分が破壊され、
肌が蓄えられる水分の絶対量が減ってしまうことが、
肌を老化させてしまいます。

シミやしわ、たるみといった症状が起きてしまってからでは、
消すまでにかなりの手間と時間、そしてお金も必要になるので、
40代の日焼け対策や予防と日焼け後のケアが非常に重要になります。

40代で日焼けを予防するには肌の露出を抑えつつ、
やはり日焼け止めクリームを塗って肌を守ることです。

日焼け止めクリームにもいろいろありますが、
40代ならママタレントさんで使用している人が多い
For fam(フォーファム)アウトドアUVミルクがオススメです。

紫外線による肌の乾燥を和らげるために、
代表的な保湿成分であるセラミドを5種類配合。

伸びが良くサラッとした使用感で塗りやすいのに、
石鹸で簡単に洗い落とすことができるので、
敏感肌でも日常使いできる日焼け止めクリームです。

他にも、

  • 敏感肌に悩む40代にはアロベビー UVクリーム
  • スキンケアの手間を省きたいならマナラBBリキッドバー
  • エイジングケアもしたいならB.Aプロテクター(ポーラ)

といった感じで、目的や自分の悩みに合わせて
日焼け止めクリームを使い分けると良いですよ。

40代の日焼け対策のポイント

肌の新陳代謝のリズムが整っている20代に比べて、
30代、40代になると新陳代謝は鈍くなります。

20代であれば、日焼けをしても皮が1回むければ、
肌の状態はギリギリ元に戻ってくれるものの、
30代からの日焼けは紫外線のダメージが徐々に肌に蓄積していきます。

紫外線が肌にあたるとダメージは肌表面だけではなく、
肌の奥にある真皮層にまで到達。

真皮層にはコラーゲンなどを生成したり蓄える組織が密集していますが、
こうした組織が紫外線によって破壊される(酸化される)ことによって、
肌の持つ様々な機能が低下してしまいます。

たとえばコラーゲンが破壊されることで肌の保湿力が低下してしまい、
肌の新陳代謝をますます遅らせることになります。

また肌の柔軟性は水分を含んだコラーゲンが担っていますから、
水分を失ったコラーゲンがカチコチに固まることで、
肌の弾力も失われてしまいます。

日焼けは紫外線量に気を付けること

日焼け対策と言えば、夏のうちはみんな意識が強いものの、
本当に気を付けなければいけないのは紫外線量です。

単純な比較はできないものの、
日差しの強い中で30分の外出をするよりも、
冬の晴れた日に朝から夕方までずっと外出するほうが、
紫外線を浴びる量は多くなり、肌へのダメージも重くなるんです。

40代であれば外出する際は基本的に
日焼け止め対策は必須という風に考えたほうが良いです。

曇り空や雨の日でも紫外線はゼロになるわけではなくて、
快晴時に比べて曇りの日は8割、雨の日は6割程度に弱まるだけです。

紫外線の強さがピークを迎える時間は10時ころ~14時ころですが、
10時前や14時以降も太陽が昇っている限りは、
紫外線の影響を免れることはできません。

そして真夏の炎天下のような日差しの場合、
外出中にたくさんの汗をかくことが予想されるので、
最低でも2時間おきに日焼け止めクリームを塗り直したいところです。

日焼け止めクリームを塗り忘れてしまうと、
数日後になって「うっかり日焼け」が現れることもあるので、
忘れずに日焼け止め対策をしておきましょう。

外出時は肌の露出をできるだけ減らすこと

日焼け止めクリームを塗れば絶対に日焼けしないわけではないので、
日焼け止めクリームプラスアルファの対策が必要です。

紫外線というのは確かにエネルギーの強い波長の光なんですが、
布一枚あるだけでも紫外線の強さを大幅に減らすことができます。

紫外線が肌に直接触れるよりも、
アームカバーをしたり帽子をかぶったほうが、
間違いなく紫外線量を減らすことができます。

海やプールで遊ぶときにはラッシュガードを着るようにして、
肌の露出は抑えたほうが良いです。

サングラスで目に入る紫外線量を減らすこと

最近になって目も紫外線に敏感に反応することがわかっています。

紫外線が目に入ることで脳が「強い紫外線を浴びている!」
という風に反応し、メラニン色素の生成を促すことがわかっています。

メラニン色素と言えば肌が日焼けする根本的な原因。

メラニン色素の分泌を抑えることができれば、
肌はもちろん日焼けしにくくなるので、
サングラスをして目に入る紫外線量を減らすようにしましょう。

40代におすすめの日焼け止めクリーム

新陳代謝のリズムが崩れがちな40代では、
肌に刺激の少ない日焼け止めクリームを使うことが基本です。

たとえば紫外線吸収剤という成分が使われている日焼け止めクリームは、
紫外線カット能力は高いものの、肌への刺激も強くなってしまいます。

紫外線吸収剤よりは効果は落ちるものの、
紫外線散乱剤が使われている日焼け止めクリームを使ったほうが良いです。

他にもパラベンやシリコン、界面活性剤など、
代表的な刺激の強い化学成分は使われていない日焼け止めクリームを、
目的や自分の悩み別に選ぶと良いですよ。

ココでは、40代にありがちな4つのケースで
オススメの日焼け止めクリームを紹介していきます。

  • 敏感肌に悩む40代にはアロベビー UVクリーム
  • スキンケアの手間を省きたいならマナラBBリキッドバー
  • 海やプールで水着を着るならFor fam(フォーファム)アウトドアUVミルク
  • エイジングケアもしたいならB.Aプロテクター(ポーラ)

敏感肌に悩む40代にはアロベビー UVクリーム

肌トラブルが起きやすい敏感肌の40代には
新生児にも使えるほど肌にやさしいアロベビー UVクリームがオススメです。

100%オーガニックの日焼け止めクリームで、
香料・着色料、アルコール、合成ポリマーなどなどが一切使われていません。

天然ラベンダー&ローズ配合で優しい香りがするので、
日焼け止めクリーム特有の嫌な匂いがありません。

ただその代り、クリームが少し重さがあるので
白浮きしないようにするには少量を伸ばして重ね塗りするのが良いですよ。

スキンケアの手間を省きたいならマナラBBリキッドバー

日焼け止め以外にも、

  • 美容液
  • コントロールカラー
  • コンシーラー
  • 化粧下地
  • ファンデーション

という合計6つの機能を備えたBBクリームです。

94%が美容液で作られていて肌への負担が軽いうえに、
忙しい朝でもたった30秒で外出準備が整ってしまいます。

For fam(フォーファム)アウトドアUVミルクと同じように、
東原亜希さんや藤本美貴さんなどママタレントさんの愛用者が多い
日焼け止めBBクリームです。

海やプールで水着を着るならFor fam(フォーファム)アウトドアUVミルク

海やプールのように水着になって水に触れたり、
アウトドアやキャンプで汗を閣僚が多いケースでは、
ウォータープルーフ性能の高いFor fam(フォーファム)アウトドアUVミルクがオススメです。

一般的にはウォータープルーフの効果が高くなればなるほど、
洗い落としにくく肌への負担も重くなってしまうものの、
フォーファムアウトドアUVミルクはなんと石鹸で簡単に洗い流すことができます。

それでいて、

  • 5種類のセラミド
  • ヒアルロン酸
  • 加水分解コラーゲン

といった美容成分も加えられているので、
日焼け止めをしつつ肌をいたわることができるため、
紫外線のダメージを受けやすい40代に特にオススメです。

エイジングケアもしたいならB.Aプロテクター(ポーラ)

すでにしわやシミなどに肌の悩みを抱えているのであれば、
日焼け止めをしつつエイジングケアもできてしまう
B.Aプロテクター(ポーラ)がオススメです。

B.Aとはポーラのの最高峰エイジングケア ブランドラインで、
紫外線だけじゃなくて近赤外線によるダメージも抑えてくれます。

濃厚なのに白浮きせず肌にみずみずしく広がり、
しっとりと肌に馴染みます。

もちろん、エイジングケア効果にも定評があり、
肌の老化を抑えつつ、傷んだ肌組織も同時に修復してくれます。

飲む日焼け止めと併用すると強力!

日焼け止めクリームで日焼け対策するにあたっては、
塗りムラや塗り忘れに気を付けなければいけません。

日焼け止めクリームはしっかり伸ばさないと白浮きするものの、
だからと言って伸ばしすぎると効果が薄れてしまうので、
ある程度の厚みを残さなければいけません。

そこで、日焼け止めクリームのデメリットをカバーするには、
飲む日焼け止めと併用するのがオススメです。

飲む日焼け止めとは抗酸化作用のある
ポリフェノールを主成分としたサプリメントで、
ポリフェノールは体内にすぐに吸収されて、
全身に循環する特徴があります。

人間は脱皮するように皮がむけることで
紫外線のダメージをキャンセルしていますが、
脱皮脳力のない植物はどうやって紫外線から身を守っているのかというと、
実はポリフェノールの働きによるものなんです。

身体の内側にポリフェノールが充実していればいるほど
紫外線に対する抵抗力(抗酸化力)を高めることができ、
実際に飲む日焼け止めを継続して飲み続けることで、
紫外線の影響を受けにくくなることが実験でわかっています。

飲む日焼け止めであれば、目や唇のように、
日焼け止めクリームを塗ることはできないけれど、
実は紫外線のダメージを受けやい組織もしっかりと保護することができます。

飲む日焼け止めにもいくつか種類があるものの、
オススメなのは元祖ともいえるホワイトヴェールです。

飲む日焼け止めにはたいてい、
抗酸化力が高いニュートロックスサンというポリフェノールが使われているんですが、
このニュートロックスサンを最初に使い始めたのが
ホワイトヴェールなんです。

ちょっと調べるとすぐにわかるんですが、
ホワイトヴェール以外の飲む日焼け止めクリームは、
劣化コピーをしているようなものです。

ホワイトヴェールは99.9%が天然成分で、
美容効果が高いメロンプラセンタも配合されていて、
初回は2480円で割引購入することができますよ。

日焼けしてしまった40代の日焼けケア

すでに日焼けしてしまった場合には、
少なくとも次の2点に気を付けるようにしましょう。

  • 日焼けした直後は日焼けした部分を冷やすこと
  • 日焼けした肌をしっかり保湿すること

日焼けした直後は日焼けした部分を冷やすこと

日焼けとは一種の火傷と同じ症状です。

火傷の症状を悪化させないためにも、
症状を和らげるためにも肌を冷やすことが肝心です。

ただ保冷剤を肌に直接あてるのは逆に肌を傷めるので、
冷たい水を含ませたタオルを肌にあてるとか、
タオルにくるんだ保冷剤で肌を冷やすようにしましょう。

お風呂ももちろんぬるめの温度に下げて入浴するようにして、
日焼けした肌の赤みがひどくて一晩寝ても痛みが残っていたり、
水ぶくれや体液が見られるような場合には
皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

日焼けした肌をしっかり保湿すること

日焼けした肌の内側ではコラーゲンなどの保湿成分が
紫外線によって徹底的に破壊されています。

肌の保湿力が大幅に低下して肌の内側では極端な乾燥状態になっています。

人によっては日焼け後は肌がカサカサになることもあるので、
肌の保湿対策がきわめて重要になります。

ただ保湿といっても肌の外から水分を補うのは、
そう簡単なことではありません。

紫外線によって肌の内側に水分を閉じ込める「バリア機能」も破壊されてしまうので、
化粧水をつけても短時間で肌から流れ落ちてしまうと考えられます。

日焼け後のスキンケアでは肌内部の水分量を増やすだけではなくて、
同時に肌の内側の水分が外部に漏れるのを防がないといけません。

  • 肌内部の水分量を増やす
  • 肌の内側の水分が外部に漏れるのを防ぐ

という2つの対策を同時並行していくべきで、
肌内部の水分量を増やすには肌潤糖を使うのがオススメです。

肌潤糖は砂糖が持つ天然の「保水力」と「浸透力」を使い、
肌内部に潤いを定着させることができます。

肌の内側の水分が外部に漏れるのを防ぐには、
ファムズベビーという保湿スプレーがオススメです。

ファムズベビーは「透明な手袋」するかのように、
肌のバリア機能を補って潤いを閉じ込めてくれます。

ファムズベビーなら強力なウォータープルーフ機能があるので、
そう簡単に流れ落ちるようなことがないうえに、
赤ちゃんにも使えるほど低刺激なので40代でも安心して使うことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました