八村塁の名前の由来は野球?弟・妹は?父親・母親の職業は居酒屋?

6月20日(日本時間21日)のNBAドラフト2019でゴンザガ大学出身の八村塁を
ワシントン・ウィザーズが指名。

日本人で2人目となるNBA指名ですが1巡目全体9位は日本人初の快挙です。

ポジションはフォワード

八村塁の名前の由来は野球好きの祖父?

八村塁(はちむらるい)の名前は日本人にして珍しい「塁」ですが、
名前の由来はというと野球好きの祖父が命名したからです。

野球グランドにあるベース(塁)をそのまま名前にしたわけですが、
「ルイ」というのはフランス語圏の男性に多く見られる名前です。

フランス革命以前はルイ16世とかルイ家がフランスを収めていましたよね。

八村塁の父親がベナン出身の人でベナンはフランス統治されていた時代があったことから、
現在でも公用語はフランス語なので、ベナンでもルイという名前はなじみがあるんでしょう。

八村塁の弟・妹の名前の由来は?

八村塁は4人兄弟で下に弟と妹もいることがわかっています。

弟の名前は阿蓮(あれん)で、こちらもやはりフランスでは一般的な
「アレン(Alain)」が名前の由来だと考えられます。

妹は「安美菜」という名前で「あみな」と読みますが、
ムスリム(イスラム教)が名前の由来だと思われます。

ベナンでは国民の24.4%はイスラム教を信仰するムスリムで、
「アミナ」は預言者ムハンマドの実母(生みの親)の名前であり、
英語では「honest」に相当する正直な、誠実という意味があります。

八村塁の父親・母親の職業は居酒屋?

八村塁の父親はベナン国籍の持ち主で母親は日本人ですが、
父親は以前は北陸新幹線の工事に従事していたものの現在は
富山で居酒屋を経営しているようです。

ちなみにベナン人の父親の名前はザカリ・ジャビルで、
英語、フランス語、日本語など7カ国語を話せるほど語学に長けています。

八村塁母親の名前は麻紀子さんという方で、
ニュージーランド留学経験を持つ英語講師として働いたり
英会話スクールの講師や小学校の外国語講師として勤務しているそうです。

八村塁といえばNBAドラフトで見事な英語インタビューに答える英語力も評判となっていて、
母親と父親から自然と英語を学んだように思ってしまうものの、
実は英語は高校3年生頃までさっぱり話せなかったようです。

それこそ血のにじむような努力を重ね、
ゴンザガ大学でも1年次はほぼ英語の勉強に費やすことで、
あれだけの英語力を身に着けたようです。

八村塁の小学校で野球!陸上も経験し中学でバスケ

八村塁は実は最初からバスケットボールをしていたわけじゃなくて、
小学2年生の時に奥田少年野球クラブで野球を始め、
ポジションは捕手(キャッチャー)で打順は4番。

ただ八村塁の投げるボールがあまりにも速すぎて誰も取れないので、
仕方なくキャッチャーをしていたというエピソードも見つかりました。

陸上部の選手でもないのにひょんなきっかけで陸上競技の大会出場すると、
100メートル走では県大会優勝をするという運動神経の持ち主だったようです。

富山市立奥田中学校でも入学当初は野球部に所属していたものの、
当時の野球部の同級生からバスケットボールを熱心に勧められた結果、
根負けして転部してバスケットボールを始めることになります。

富山市立奥田中学校は地元のバスケットボール強豪校でしたが、
八村塁が入部したことによって全国バスケットボール大会準優勝。
(八村塁は大会ベスト5に選出)

明成高等学校に進学してからは
1年時、2年時と全国高等学校バスケットボール選抜大会で
2年連続で優勝。

1年時の第44回大会では決勝で32点の大量得点し、
2大会連続でベスト5に選出されています。

第68回インターハイでは決勝で愛知県の桜丘高等学校を92ー69で破り優勝しています。

タイトルとURLをコピーしました