フッ化ポリイミド・高純度フッ化水素の対韓輸出を規制!ホワイト国(優遇制度)除外!

徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決を巡って、
日本側が日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を要求し続けていたものの、
韓国側が日韓関係の改善に向けた具体的な対応を示さない状態が続いたため、
日本政府が事実上の対抗措置に踏み切りました。

フッ化ポリイミド・高純度フッ化水素などが対韓輸出を規制が強化されます。

対韓輸出規制対象はフッ化ポリイミド・高純度フッ化水素・レジスト

徴用工訴訟をめぐって日本政府が経済制裁に踏み切りました。

フッ化ポリイミドはテレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われる素材で、
レジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)は半導体の製造過程で不可欠な素材です。

7月4日から規制強化することが発表され、もし規制が実際に発動されると、
韓国経済に少なからず悪影響が生じるとみられています。

フッ化ポリイミドとレジストの日本のシェアは世界の全生産量の約9割
エッチングガスは約7割を占めているため、
世界の半導体企業は日本からの輸入が多い傾向があります。

日本からの規制が強化されると韓国は他から輸入をしようにも、
急に代替先を確保するのは極めて困難で、十分な量を確保するのは難しくなると思われます。

フッ化ポリイミド・高純度フッ化水素のエッチングとは?

エッチングとは化学薬品の腐食作用を利用して、半導体チップの表面を加工する工程のことです。

エッチングさせたくない部分にはレジスト処理(腐食しないようにする処理)を行い、加工したい部分(レジストされていない部分)にエッチングをすることにより、半導体の表面を加工しチップ製造を行います。

日本のフッ化ポリイミド・高純度フッ化水素は独占禁止法違反じゃないの?

半導体製造に必要となる高純度フッ化水素はステラケミファ、森田化学工業などの日本企業が世界シェア90%以上を生産しています。

日本がフッ化水素を生産し管理してきた歴史はなんと100年以上にもなるそうですが、これだけ高いシェアを誇っていたら、独占禁止法で訴えられたりするんじゃないか?とも考えられます。

後で説明をしますが韓国もフッ化水素生産に取り組んでみたものの失敗してしまった経緯があるように、フッ化水素生産には高い技術力や管理能力などが必要になるため、日本以外の国ではまともに作れないのが現状です。

サムスン電子とSKハイニックスといった韓国を代表する半導体企業も、実質的に必要量の大部分を日本から輸入せざるを得ない状況となっています。

韓国はフッ化ポリイミド・高純度フッ化水素を製造できない?

韓国に限らず多くの国はフッ化ポリイミド・高純度フッ化水素の多くを日本からの輸入に頼っているわけですが、では自国で製造できないのかというと、実は韓国は以前に自国生産に取り組んだことがあります。

結果は、2012年9月27日に慶尚北道亀尾市の化学薬品メーカー「ヒューブグローバル」のミスで燃料送出バルブが開き、ガスが漏れが発生。現場にいた4人は全身に薬品やけどを負い、病院で治療中に全員死亡するという大事故を起こしてしまいました。

高純度フッ化水素の怖いところは、たった1.5 g(または 20 mg/kg(体重あたり))でも致死量に達するほどの猛毒であること。

さらに皮膚に付着すると徐々に痛みが強くなり最終的には転げ回って涙がボロボロと出る程。治療には幹部がパンパンにはれ上がるほど大量の中和剤を注射しなければいけません。

韓国ではさらに、フッ酸(フッ化水素酸)の分解スピードがきわめて遅いため、土壌と植物にも長い間悪影響を及ぼすという後味の悪い事故となってしまいました。

韓国を除外したホワイト国(優遇制度)って?

本来であれば輸出品には個別の出荷ごとに
国の輸出許可の取得が義務づけられています。

ホワイト国とは先端材料などの輸出の際、
輸出許可の申請が免除する外為法の優遇制度のことです。

韓国は7月4日からは契約ごとに輸出許可が必要となり、
許可の申請や審査には90日間程度かかります。

日本が安全保障上で「友好国」と認めている米国や英国など計27カ国がホワイト国とされていて、
韓国も平成16年に指定されていました。

高純度フッ化水素など輸出規制で韓国の反応・対応は?

韓国側が7月1日に声明を発表。

韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官が「今後WTOへの提訴をはじめ、国際法と国内法に依拠して必要な対応措置を取っていく」と明らかにしています。

ただ今回の件はホワイト国認定から除外をしただけであって、フッ化ポリイミド・高純度フッ化水素などの輸入業務にかかる事務手続きが増えただけであり、ホワイト国認定を受けていない他の国と同様の扱いになっただけでもあります。

日本側の事実上の徴用工問題に対する対抗措置とみられるとはいえ、韓国側が「報復」的な対抗措置をとるのは、少し筋違いのようにも感じます。

タイトルとURLをコピーしました