富士宮市で山田太郎票ゼロ!山本太郎と読み間違え?【2019参議院選,富士宮市選挙管理委員会】

2019参議院議員選挙では自民党が比例区で、前回の2016年参議院選の時と同じく、
19議席を確保することができたものの、得票数は前回の2011万票から大きく下げ
1800万票程度となりました。

山田太郎票は53万票と、選挙活動前に宣言していた
「戦闘力53万をめざします」というのを図らずも達成した感じ。

それに対して、2019参議院議員選挙で大躍進を遂げたと言えば、
れいわ新撰組ではないでしょうか。

れいわ新撰組の代表である山本太郎は特別枠でほかの候補者2人を優先して落選してしまったものの、
全候補者で最多となる99万2267票の個人名票も獲得。

れいわ新撰組は政党としての政党要件を満たすことになったわけですが、
静岡県富士宮市で異例ともいえる事態が起きています。

富士宮市で山田太郎票ゼロ!山本太郎と読み間違え?

各地での投開票が終わって集計作業の結果も公開され始めていますが、
富士宮市での開票結果で不自然な投票率の偏りが見られます。

山田太郎票がなんと1票もなくまさかのゼロ。

それに対して山本太郎の得票率が不自然に高いことから、
山田太郎を山本太郎と読み間違えたのではないのか?と、
富士宮市選挙管理委員会に疑問の目を向ける人たちが出ています。

いずれにしても選挙結果を揺るがすような自体にはならないものの、
山田太郎票はもう少し伸びていたのかもしれないし、
富士宮市選挙管理委員会の体制は見直したほうが良いのかもしれません。

富士宮市で山田太郎票ゼロ!山本太郎と読み間違えに対するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました