ヤジの市民を道警が排除で原田宏二ツイートが物議【道警の元警視長】

7月15日に参院選2019のために自民党の安倍晋三首相が北海道に遊説へ。

札幌市中央区の繁華街で参院選の街頭演説を行っていましたが、
演説中にヤジの市民を道警が排除したことが物議を醸しだしています。

ヤジの市民を道警が排除は公職選挙法違反なのか?

道警が安倍晋三首相の演説に対してヤジを飛ばした市民を取り押さえたのは、
公職選挙法の『選挙の自由妨害』違反すると判断されたからのようです。(演説妨害)

ただ松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法)は、
「肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」」と指摘をしています。

演説妨害とみなされるのは、

  • その場で暴れて注目を集める
  • 街宣車で大音響を立てる

といった行為が該当するようなので、
今回のヤジの市民を道警が排除はやりすぎでは?という意見が見られます。

原田宏二がヤジの市民を道警が強制排除にツイート

日本の警察ジャーナリストで北海道警察で警視長を務めた経験もある原田宏二さんが、
意味深なツイートをしています。

安倍への忖度
時の権利者を批判すると拘束される

などなどといった発言に対して、
火にガソリンに注ぐような結果になっています。

タイトルとURLをコピーしました