バルサンで爬虫類・両生類ペットが死ぬ原因(死因)に注意!【煙・水タイプ3日間入室厳禁】

ツイッターにペットで飼っていたトカゲ2匹だけじゃなくて、
エサ用の虫まで死んでしまったというつぶやきが話題になっています。

爬虫類・両生類ペットが死んでしまった原因は何だったのか?どうやら
同じマンション内でバルサンが使われたことが死因のようです。

上の階の住人がバルサンを焚いたために爬虫類のペットが死んでしまう
まとめました。 更新日:7月6日16時09分

バルサンで爬虫類・両生類ペットが死ぬ原因(死因)

蚊やハエなど飛翔している害虫だけじゃなくてゴキブリなどにも有効なバルサンですが、
成分表示を見てみると、

d・d-T-シフェノトリン メトキサジアゾン フェネトリン

といった殺虫成分が使われていることがわかります。

フェノトリンとはダニやゴキブリにも作用する神経毒で、対象の虫を常時興奮状態にさせることで害虫の命を奪いますが、爬虫類や両生類についてももちろん毒性があります。

これらの成分がバルサンに爬虫類・両生類にとって致死量レベルで含まれているようで、
バルサンを使用する際は事前に周囲に知らせておくとか、
集合住宅ではバルサンの使用を禁止しているところもあるほどです。

バルサン使用後は煙・水タイプ共に3日間は爬虫類・両生類の入室厳禁!

バルサンの残留成分は太陽や蛍光灯の光で分解されたり、
部屋の中から外へと流れ出ていきます。

爬虫類・両生類ペットは少なくとも3日は疎開させて
4日目以降に戻すようにしないといけません。

タイトルとURLをコピーしました