少年ジェッターtシャツどこで買える?原作アニメ放送は?【飯森裕次郎容疑者着用・大阪府吹田市拳銃強奪事件】

大阪府吹田市で警察官の拳銃強奪事件が発生し、
学校が休校になるなどの措置が取られましたが、
飯森裕次郎容疑者の身柄確保。

父親からの通報が犯人逮捕の決め手となったようですが、
目撃者の「少年ジェッターtシャツ」が話題となっています。

少年ジェッターの原作アニメの放送はいつ頃?DVDは?

少年ジェッターとは、スーパージェッターというアニメに出てくる主人公のことで、
1965年1月7日から1966年1月20日までTBS系列局で全52話放送されていました。

正式な作品名は『未来からきた少年 スーパージェッター』で、
どちらかというと流星号という少年ジェッターが愛用するエアカー型のタイムマシンの方が知名度は高いかもしれません。

少年ジェッターが腕時計型の通信機(作品中ではタイム・ストッパーと呼ばれる)に
「流星号、応答せよ、流星号」と呼びかけるシーンがたびたび放送され、
当時の子供たちには大流行していたそうです。

少年ジェッターの原作者は?

原作は久松文雄さん。

久松文雄さん

  • モスラ対ゴジラ
  • ウルトラセブン
  • ジャングル大帝
  • ミラーマン
  • 帰ってきたウルトラマン

などなど数々のアニメの原作や脚本を手掛けている人です。

少年ジェッターtシャツはどこで買える?

通販サイトで少年ジェッターtシャツは注文ができるようです。

価格は4000円+税といった感じで、
シンプルに「少年ジェッター」の文字が書かれたTシャツの他、
少年ジェッターの表情がどアップでプリンタたデザインもあります。

タイトルとURLをコピーしました