リーストルーム(REEAST ROOM)で物を壊しストレス発散!場所・営業時間・料金・予約方法は?

ハマっちゃう人ははまっちゃいそうな
モノをぶっ壊す新感覚エンターテイメントが、
リーストルーム(REEAST ROOM)。

話題のニュースについて討論する番組「ワイドナショー」でも取り上げられたほか、
スッキリ!の 「キニナルジャーナル」のコーナーでも、
破壊してストレス発散!日本初上陸!「物を壊せる」話題のスポットとして紹介され注目を浴びています。

リーストルーム(REEAST ROOM)の営業時間や場所(住所)は?

住所:〒111-0043 東京都台東区駒形1丁目2-13 B1
電話番号:080-6954-5949
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし

リーストルーム(REEAST ROOM)の運営会社は?

運営会社:株式会社BrickWall
URL:https://reeastroom.com (スマートフォン版)

本能的自我が表現できる空間をコンセプトに、
物が壊せる新感覚エンターテイメントサービスとして
誕生したのがリーストルーム(REEAST ROOM)です。

発祥は2008年にアメリカの女性起業家が「ANGER ROOM(怒りの部屋)」という名前で、
自宅のガレージで始めたサービスのようです。

すでにアメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポールなど
世界各国で約30店舗以上が展開されていて日本には初上陸となりました。

過去には物を壊すだけじゃなくて、
壁いっぱいに落書きができる「Free Art Wall Project」という
イベントも開催していたようです。

リーストルーム(REEAST ROOM)のコース料金は?

3つのコースが用意されていて、コースごとに壊せる物が変わります。

ワレモノコース(刺激度80%):食器などの割れ物のみ
スタンダードコース(刺激度100%):小型家電がひとつ
スペシャルコース(刺激度120%)小型家電が2つ

料金は3つのコースに加えて人数によって変わってきて、

ワレモノコース:3500円/10分(1人or2人)、3300円/15分(3人)、3000円/20分(4人)、2500円/20分(5人)
スタンダードコース:3500円/15分(1人or2人)、3600円/15分(3人)、3300円/20分(4人)、2800円/20分(5人)
スペシャルコース:6000円/20分(1人or2人)、5800円/15分(3人)、5500円/20分(4人)、5000円/20分(5人)

初めていくなら1人か2人の場合には、
スタンダードコースだとリーズナブルに楽しめそうですね。

実際に初来店だとスタンダードコースを申し込む人が多いそうです。

ちなみに、オプション(有料)で小型家電や大型家具を追加できるそうです。

リーストルーム(REEAST ROOM)の利用方法は?安全なの?

リーストルーム(REEAST ROOM)では怪我や事故が起きないように十分に配慮されています。

電化製品や精密機械、茶碗やコップなどを壊すわけですから、
細かい破片が当然、360度全方向に飛び散ります。

目に入ったらそれこそ一大事だし、
大きな部品が頭に飛んできて怪我でもしたら入院騒ぎになりかねません。

利用者が怪我をしないように

ヘルメット(頭)
フェイスガード(顔)
つなぎ(全身)
手袋(手)
安全靴(足)

といった防具(服装)の着用義務があります。

リーストルーム(REEAST ROOM)の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました